国力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  主に超大国とみなされる国
  主に大国とみなされる国
  主に地域大国とみなされる国
  主に中級国家とみなされる国

国力(こくりょく、: national power)は、国際関係においてその国家が持つさまざまなを総合していう。

概要[編集]

国際システムにおいて全ての国家国際法的には平等であるが、現実的には軍事経済科学技術文化情報国民などの能力・影響力は異なっている。この国家の総合的な能力・影響力を総合的なものとして捉えた場合、国力として考えることができる。国力によって国際システムにおけるその国の地位は変化し、特に国力が高い国は大国として国際社会で大きな存在感を示す。

モンゴル帝国のようにひたすら陸上の軍事的覇権によるものから、ヴェネツィアオランダ海上帝国のように海軍力によるもの、戦後日本のように純粋に経済的手段によるものなど多様であり、また国力の評価基準となる指標は、時代や評者により異なる。現代において多くの論者が国力が高いと見なす国としては、常任理事国であり五大国とも言われるアメリカイギリスフランス中国ロシアに加え、経済大国である日本ドイツが代表的である。特にアメリカは超大国とも呼ばれ、経済や軍事などあらゆる分野において世界トップクラスの国力を有している。

定義[編集]

国力、力(power)の概念は政治学において重大であり、また政治的関係の複雑性と関連して長い間その定義は論争の対象となってきた。ロバート・ダールは「Aの働きがなければBは行わなかったであろうということをBに行わせる限りにおいては、AはBに対して力を持つ」と定義し、タルコット・パーソンズは「政治において正当化された一般的交換機能を発揮するもの」、ケネス・ボールディングは「欲するものを得る能力」、ニコラス・スパイクマンは「説得、買い入れ、交換、強制などの手段で人を動かす力」、キンドル・バーガーは「強力さ(strength)とそれを効果的に用いる能力(capacity)」と定義している。ただし近年においては軍事力だけが国力の構成要素ではなく、総合的な力の集大成として一般的に理解されるようになっている。

国力の要素[編集]

国力の諸要素(Elements of national power)とは国家のために使用することが可能なあらゆる手段である。以下に主要なものをあげる。

自然[編集]

自然環境は国力の地理的・経済的な側面を構成する。地理的な側面においては、位置・面積・地形気候・植生などが影響する。例えば海洋との位置関係は国を大陸国家海洋国家に大別し、交通貿易の発展性、文化交流の可能性、軍事的な安全性、海洋資源の使用などに影響する。また国土の形は緊縮型、伸長型、分断型に分類され、基本的に国土が狭く、細ければ安全保障上の危険性が高まり、経済的な発展が制約される。広大な国土は一般的に有利であり、軍事的に防衛しやすく、経済的にも土地は経済活動の基盤であり、また戦略資源の産出地を多く保有することもできる。ただし水域や地勢によって分断された国土を持つ場合は戦力運用の上で防衛の困難性が高くなる。また気候は国民生活や戦略産業に大きな影響を与え、特に寒冷地においては農業や交通を阻害する場合もある。この分野の研究をする学問に地政学がある。

国民[編集]

国家システムを構成する人的な要素として国民がある。まず人口はその国の国土と関係し、軍事経済技術などほぼ全ての分野において影響する。クラインによると人口規模が1500万人以下の国は労働力人口の面から考えて国力に劣り、大国の勢力下に入らざるを得ない。また歴史的に人口増減は国力増減と相関関係にあると見られている。また人口規模だけでなく人口構成も大きな問題であり、青年・壮年の比率が高ければ就労人口も多く、経済規模や軍隊規模の拡大に有利である。ただし量的な観点だけでなく、国民の質的な要素も大きく、教育水準が高くなければ高度に近代化された軍事力・技術力・経済力を維持することができない。また国民性や民族の統一性という要素も含まれて考えられなければいけない。

軍事力[編集]

軍事力は現代の国際システムにおいて唯一の力ではなくなったものの、軍事力は国力の重大な柱の一つであり続けている。軍事力を主に構成する軍隊の戦闘能力は兵員数、兵器の性能、兵站基盤などの量的な要素と、軍事戦略、部隊編制、訓練度、士気リーダーシップ情報などの質的な要素を総合して考慮しなければならない。クノールは第一に軍事力を整備された軍隊、第二に軍事的な潜在力、第三に軍事力に対する国民的な性行、の三つから構成されるとし、第一と第二の要素は経済力と関係していると指摘した。(軍事力を参照)

経済力[編集]

国力としての経済力とは国家の経済的な能力または国富そのものであり、経済戦を遂行する能力として考えられる。これは国内総生産、食糧自給、労働力人口などの経済基盤に基づいた戦略産業の構成、戦略資源の分量、外貨準備、自国通貨の信頼性などから構成される。経済力の指標としてはGNPGDP、エネルギー生産消費量、国民1人当たりのGNP比率などで示されるが、これら指標が高い国が大国であるとは限らず、資本主義経済においては民間の企業によって経済活動が行われており、政府とは直接的な関係があるわけではない。また国力の機能の一側面である「対立的関係においてでも自国の意思を実現する能力」を考えた場合、経済力は国際社会に影響力を発揮できても実質的な強制力がなく、危機的な状況や戦時においては無力化される。それ故に経済大国とは真の意味で大国ではない。ただし軍事力は経済基盤の上に成り立っているため、高度な経済力は国力の育成にとって欠かせない。

技術力[編集]

技術力はその国の科学技術がもたらす各種能力であり、経済発展・成長に大きく影響する。また軍事力の質を向上させるためには欠かせない力である。他国を圧倒する技術力はそれ自体が優位となりうるため、科学技術を海外に移転することが規制されることもある。例えば冷戦期において米国は輸出管理法第五条及び第六条において安全保障の観点から技術の輸出規制を設けた。国力要素としては経済力の一部と見る場合もあるが、その独立性した性格から分離して認識される。また教育はこの技術力を維持するためになくてはならない要素であると考えられている。

指標[編集]

国力の伝統的な指標として、ジョージタウン大学レイ・クライン教授は国力を軍事力経済力などが合理的に組み合わさったものであるとして、各種要素を数値化し、次のような方程式を考案した。

国力=((基本指標:人口+領土)+経済力+軍事力)×(戦略目的+国家意思)

またコックスとジャコブソンは国力をGNP、1人当たりのGNP、人口、核戦力、国際的威信に指標化した式を考案した。

国力=GNP+一人当たりのGNP+人口+核戦力+国際的威信

ただし国力は多くの質的要素も含んでおり、加えて国力は平時戦時においても異なり、国際法による軍事力行使への制限強化、外交交渉技術などの流動的な要素もあり、それら全てが数値化されない限り国力の客観的な測定は不可能である。そのためクラインの方程式を見直した国力概念を唱えるものも多い。ただしハンス・モーゲンソーは国力評価において以下のような指摘をしている。(1)特定の国民の力を絶対視して相対性を無視すること。(2)過去に重大な役割にあった要素を永久のものであると考え、その変動を無視すること。(3)特定の要員を決定的なものであると考え、その他の要因を無視すること。

参考文献[編集]

  • 西川吉光『現代国際関係論』晃洋書房(2001年4月20日初版)

関連項目[編集]