ハンス・モーゲンソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・J・モーゲンソー(Hans Joachim Morgenthau, 1904年2月17日 - 1980年7月19日)は、ドイツ出身の国際政治学者。シカゴ大学教授

略歴[編集]

ドイツ・コーブルク生まれ。ベルリン大学フランクフルト大学ミュンヘン大学およびジュネーヴ国際問題研究所法学政治学を学ぶ。フランクフルト大学で国際法を教えていたが、ナチスによる迫害を恐れて1937年アメリカ合衆国に移住。

国際政治を権力闘争とみなす現実主義学派の代表的論者。外交の行動準則として「力 (power) によって定義された利益」としての国益 (national interest) を提起した。この「国益」に照らして、アメリカによるベトナム戦争を批判した。

現実主義者として著名であるが、一方で軍事力のみに頼ることは危険であるとも結論付けている。

人柄・エピソード[編集]

1973年の夏、ハンナ・アーレントと二人でロードス島に旅行した際、プロポーズをしたが断られる。しかし、その後もよい友人として交際を続けた。ちなみに、アーレントのモーゲンソー評は、「男らしい人」(『ハンナ・アーレント伝』603ページ)。

1979年10月8日、搭乗するスイス航空機が着陸事故に合い、乗客乗員154名の内14名が死亡するも、モーゲンソーは生還する。

著作[編集]

単著[編集]

  • La Réalité des Normes, En Particulier des Normes du Droit International: Fondements d'une Théorie des Normes, (Félixs. Alcan, 1934).
  • Scientific Man vs. Power Politics, (University of Chicago Press, 1946).
  • Politics among Nations: the Struggle for Power and Peace, (Knopf, 1948, 2nd ed., 1954, 3rd ed., 1960, 4th ed., 1967, 5th ed., 1978, 6th ed., 1985, 7th ed., 2006).
    伊藤皓文・浦野起央訳『国際政治学――力と平和のための闘争』(原著第3版、アサヒ社、1963年)
    現代平和研究会訳『国際政治――権力と平和』(原著第5版、福村出版、1986年)
    原彬久監訳『国際政治――権力と平和』(岩波文庫全3巻、2013年8月-12月)
  • In Defense of the National Interest: A Critical Examination of American Foreign Policy, (Knopf, 1951).
    鈴木成高湯川宏訳『世界政治と國家理性』(創文社、1954年)
  • American Foreign Policy: A Critical Examination, (Methuen, 1952).
  • Dilemmas of Politics, (University of Chicago Press, 1958).
  • The Purpose of American Politics, 3 vols., (Knopf, 1960).
  • Politics in the 20th Century (3 vols), (University of Chicago Press, 1962).
  • Vietnam and the United States, (Public Affairs Press, 1965).
  • A New Foreign Policy for the United States, (F. A. Praeger, 1969).
  • Truth and Power: Essays of a Decade, 1960-70, (Praeger, 1970).
  • Science: Servant or Master?, (World Publishing, 1972).
    神谷不二訳『人間にとって科学とは何か』(講談社現代新書、1975年)

編著[編集]

  • Peace, Security & the United Nations, (University of Chicago Press, 1946).
  • Germany and the Future of Europe, (University of Chicago Press, 1951).
  • The Crossroad Papers: a Look into the American Future, (Norton, 1965).

共編著[編集]

  • Principles & Problems of International Politics: Selected Readings, co-edited with Kenneth W. Thompson, (Knopf, 1950).