経済大国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

経済大国(けいざいたいこく、: Economic power)とは、経済の分野において、世界に対して大きな影響力を持っている国家である。

概要[編集]

厳密な定義はないが、GDP(国内総生産)が世界の総生産に占める割合の大きい国が経済大国と呼ばれる。現在、経済大国と呼ばれる国は、アメリカ合衆国中華人民共和国日本国ドイツ連邦共和国などである。

ただし、経済大国が他の人口の少ない先進国より、1人当たりGDPが大きいとは限らない。日本や中国よりもシンガポールの方が1人当たりGDPは大きいが、日本はシンガポールの25倍以上、中国に至っては250倍以上の人口を擁するため、市場規模は日本や中国の方がずっと大きい。経済大国は、大きな市場を持っているため、他国の輸出を吸収する力がある。輸出は乗数効果を輸出国のGDPにもたらす。このため、経済大国の景気循環は各国の国民経済世界経済に多大な影響をもたらす。

資本蓄積が進展しているため、資本輸出の余力が大きい。特に、ドイツや日本は経常黒字を背景に継続的な資本輸出を行なっており、諸外国の工業化を支えている。金融市場が発達しており、流動性も高いため資金調達や運用の中心となる。

多数の多国籍企業を抱えており、世界規模の経済活動を行なっている。このことが、グローバル化を通じて発展途上国へ成長機会をもたらしている。

2012年現在、GDPの上位10ヶ国はアメリカ中国日本ドイツフランスイギリスブラジルロシアイタリアインドである。

歴史[編集]

産業革命以前は、中国が最大の経済大国であった。産業革命後、イギリスが世界一の生産力を誇るが、19世紀末の「大不況」と呼ばれる長期不況、第一次世界大戦を経てアメリカが世界最大となる。

第二次世界大戦後、アメリカは世界総生産の半分弱を占めるほどに至るが、欧州や日本の経済復興の中で相対的に成長は鈍化し、その割合は次第に低下していった。

1980年代後半、欧米が高めの失業や不良債権により経済的失速を経験する中、日本が高めの経済成長を達成し、一部では、近い将来に規模でアメリカを抜き世界一の経済大国になるのではないかという予測もなされた。結果的に1990年代の経済低迷により日本が世界総生産に占める割合は低下した。

1990年代、アメリカは先進国の中でも安定的に経済成長を達成し、21世紀初頭の現在でも世界最大の経済大国となっている。20世紀末からは中国の経済成長が著しく、経済大国化の道を歩んでおり、2009年初頭に中国国家統計局が2007年度のGDPを25兆7306億元に上方修正。ドイツを抜き、経済大国と呼べるほどの力を付けている。一方2008年度や2009年度は世界不況の余波を受け、大幅に下方修正されている。

関連項目[編集]