国家情報会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国家情報会議(NIC: National Intelligence Council)とは、情報共同体からの情報に基づき、アメリカ合衆国大統領のために中・長期的予測を行う諮問機関である。

1947年、その前身である報告・評価室(ORE: Office of Reports and Estimates)が創設された。1950年、OREを改組して国家評価室(ONE: Office of National Estimates)が創設された。1979年、ONEは現在の国家情報会議に改編された。

NICは、4年に一度の大統領選の年に合わせて、15~20年間に渡る世界情勢を予測・分析し、NIC Global Trendsという報告書を発表している[1]。また、同機関は、国家情報評価(NIE: National Intelligence Estimates)と称されるより短期的な評価を大統領のために作成している。NIEは、大統領と政府閣僚が受領する。NIEの作成には、諜報機関だけではなく、例えば大学教授等、民間人も参加している。

NICは、最近まで中央情報長官(DCI: Director of Central Intelligence)の機構に含まれていたため、その作成物はCIAがコントロールしていた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]