第34回主要国首脳会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年7月8日洞爺湖畔に集まったG8の首脳ら
出席首脳の集合写真
出席首脳の署名(広報パネル)

第34回主要国首脳会議(だい34かいしゅしょうこくしゅのうかいぎ、英:34th G8 Summit)は、2008年7月7日から7月9日まで日本北海道虻田郡洞爺湖町ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ[1]を会場にして行われた主要国首脳会議。通称北海道洞爺湖サミット

本項目では当サミットの誘致合戦を行っていた日本国内各都市のうち一部で開催された閣僚会合についても記述する。

憲法の規定により翌2009年1月20日で任期満了を迎え退任が決まっていたアメリカジョージ・W・ブッシュ大統領にとっては最後のサミットとなった。

北海道の負担[編集]

2005年における北海道庁の試算では警備費だけで約30億、全体では約70〜80億円となっており、夕張市財政破たん問題を抱え、巨額の積算赤字に苦しんでいる財政難の中でさらに重い負担が北海道にかかる見通しとなっていた。

出席首脳[編集]

出席首脳の一覧

関連会合[編集]

北海道の他に開催地誘致の意思を表明していた府県市は下記の通り。

首脳会合開催場所が決定した後、誘致表明都市を含む国内各都市において関連する閣僚会合等をそれぞれ開催することとなった。

関連会合一覧[編集]

すべて2008年開催。

このほか、「気候変動・クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する閣僚級対話」(G20対話)が千葉県千葉市(3月14日~16日、主会場:幕張メッセ)で、サミットに先立って開催されるアフリカ開発会議(TICAD)が横浜市(5月28日~30日、主会場:パシフィコ横浜)でそれぞれ開催された。

なお、岡山香川両県においても閣僚会合が開催できるか検討された。

関連項目[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「警察庁長官が洞爺湖視察 サミット控え、ホテルなど」(『中日新聞』/『共同通信』2007年8月3日[1]
    ザ・ウィンザーホテル洞爺
  2. ^ 新潟市のサミット誘致(07/2/1) YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2010年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]