インスブルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インスブルック
Innsbruck
オーストリアの旗
Innsbruck-0033.JPG
インスブルックの市章
憲章都市 (Statutarstadt)
位置
インスブルックの位置の位置図
インスブルックの位置
チロル州におけるインスブルックの位置の位置図
チロル州におけるインスブルックの位置
座標 : 北緯47度16分 東経11度23分 / 北緯47.267度 東経11.383度 / 47.267; 11.383
行政
オーストリアの旗 オーストリア
  (Bundesland) チロル州の旗 チロル州
 郡 (Bezirk) -
 憲章都市 (Statutarstadt) インスブルック
地理
面積  
  憲章都市 (Statutarstadt) 104.91 km2 (40.5 mi2)
標高 574 m (1,883 ft)
人口
人口 (2008年7月現在)
  憲章都市 (Statutarstadt) 11万9250人
    人口密度   1,124人/km2(2,911人/mi2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 0512
ナンバープレート I
公式ウェブサイト : http://www.innsbruck.at/

インスブルックInnsbruck)は、オーストリア共和国の都市で、チロル州の州都である。風光明媚な観光地として、またウィンタースポーツの地として世界的に知られており、1964年1976年にオリンピックを開催したことでも知られる。面積104.91 km²、2006年末の人口は12万人弱。

地勢[編集]

イン川沿いに位置する。インスブルックという地名自体が、「イン(川)の橋」という意味になる。ドイツに至るためのアールベルク峠、イタリアに至るためのブレンナー峠に近いため、交易上の中継都市として重要な役割を果たした。近隣の都市としては、約95キロ北にドイツのミュンヘン、85キロ南にイタリアのボルツァーノが位置する(直線距離、実際の走行距離はブレンナー峠を越えて118㎞)。市街部の標高は約574mである。

歴史[編集]

1239年に都市特権を得た。14世紀よりハプスブルク家の支配下に入る。マクシミリアン1世の治世時には都が置かれ、各地から商人が往来する繁栄をした。チロルの鉱山から産出される豊かな資源を利用して、当地に武器工場を建て、最新の甲冑フリューテッドアーマー)を開発、製造させた。

1756年 8月18日 マリア・テレジアの夫フランツ1世が、市内のホーフブルク王宮にて急死した。

1848年にもウィーンで三月革命が起こった際、一時的に王宮がインスブルックに移された。

気候[編集]

標高が高く海岸から遠い中央ヨーロッパに位置することから、インスブルックは大陸性気候ケッペンの気候区分ではDfb)である。冬はヨーロッパの大半の主要都市に比べて寒く、雪が降る。特に夜間は冷え込みが厳しく、時折−12 °C (10 °F)まで低下する。

春は短く、日中はしばしば15 °C (59 °F)を超えて暖かくなり始めるが、夜間は涼しいか凍えるほどである。夏は気温変化が激しく予測困難である。17 °C (63 °F)程度の涼しく雨が降る日もあれば、晴天で極端に暑く、時には34 °C (93 °F)に達することもある。高山気候から予想できるように、夏の気温日較差英語版はしばしば非常に大きく、夜間は平均12 °C (54 °F)程度と涼しく、時には6 °C (43 °F)まで下がる。

年平均気温は9 °C (48 °F)である。

インスブルック空港の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 20.2
(68.4)
18.6
(65.5)
23.9
(75)
26.4
(79.5)
32.2
(90)
33.6
(92.5)
37.7
(99.9)
35.0
(95)
32.1
(89.8)
26.0
(78.8)
21.2
(70.2)
17.1
(62.8)
37.7
(99.9)
平均最高気温 °C (°F) 3.5
(38.3)
6.3
(43.3)
11.3
(52.3)
14.8
(58.6)
20.3
(68.5)
22.6
(72.7)
24.7
(76.5)
24.4
(75.9)
20.8
(69.4)
15.8
(60.4)
8.2
(46.8)
3.7
(38.7)
14.7
(58.5)
日平均気温 °C (°F) −1.7
(28.9)
0.4
(32.7)
4.8
(40.6)
8.4
(47.1)
13.4
(56.1)
16.1
(61)
18.1
(64.6)
17.7
(63.9)
14.0
(57.2)
9.1
(48.4)
2.9
(37.2)
−1.0
(30.2)
8.5
(47.3)
平均最低気温 °C (°F) −5.2
(22.6)
−3.7
(25.3)
0.2
(32.4)
3.4
(38.1)
7.8
(46)
10.8
(51.4)
12.8
(55)
12.7
(54.9)
9.3
(48.7)
4.8
(40.6)
−0.5
(31.1)
−4.2
(24.4)
4.0
(39.2)
最低気温記録 °C (°F) −23.8
(−10.8)
−17.3
(0.9)
−16.5
(2.3)
−4.8
(23.4)
−2.3
(27.9)
3.0
(37.4)
4.4
(39.9)
1.9
(35.4)
−0.9
(30.4)
−6.6
(20.1)
−17.9
(−0.2)
−20.1
(−4.2)
−23.8
(−10.8)
降水量 mm (inch) 43.9
(1.728)
41.4
(1.63)
55.9
(2.201)
57.7
(2.272)
87.1
(3.429)
110.3
(4.343)
137.2
(5.402)
111.3
(4.382)
78.1
(3.075)
57.3
(2.256)
63.2
(2.488)
53.1
(2.091)
896.5
(35.295)
降雪量 cm (inch) 25.6
(10.08)
30.0
(11.81)
12.5
(4.92)
3.5
(1.38)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.0
(0)
0.8
(0.31)
12.0
(4.72)
25.9
(10.2)
110.3
(43.43)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 7.4 7.3 8.8 9.7 10.7 13.2 13.9 12.6 9.2 7.8 9.0 8.6 118.2
平均降雪日数 (≥ 1.0 cm) 20.3 14.8 6.2 1.9 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.3 5.1 16.5 65.1
平均月間日照時間 94.7 121.1 154.2 168.2 193.0 186.8 215.5 214.4 180.0 159.0 102.2 82.8 1,871.9
出典: Central Institute for Meteorology and Geodynamics[1]、日照時間はインスブルック大学の観測所[2]

文化[編集]

舞踏会や演劇といった芸術活動が非常に盛ん。ティロル州立劇場は1629年建築の重厚な古典様式の劇場であり、オペラ、演劇、ミュージカルなど様々なプログラムを上演している。ティロル州立博物館 (Tiroler Landesmuseum) はフェルディナント2世にちなんでフェルディナンデウム (Ferdinandeum) と呼ばれており、考古学、楽器、絵画等の展示を揃えた総合博物館である。

大学は1669年創立のインスブルック大学 (Universität Innsbruck) と医科大学があり、2万人以上の学生が学んでいる。

歴史遺産[編集]

旧市街に黄金の小屋根(de:Goldenes Dachl)と呼ばれるバルコニーがあり、マクシミリアン1世がチロル公国を継承後、6年目の1496年にこの建物を完成させ、バルコニーから祭りを見物した。この屋根には2,657枚の金の瓦が使用され、当時のチロルの富と繁栄の象徴となった。

インスブルック王宮教会にはマクシミリアン1世の棺があり、生涯をたどった大理石のレリーフが掘り込まれている。アーサー王皇帝ルドルフ1世皇帝フリードリヒ3世ブルゴーニュ女公マリージグムント大公皇妃ビアンカフィリップ美公カスティーリャ女王ファナら28体の彫像がマクシミリアン1世に参列するという設定で棺の周りに並べられ、棺の上には神に祈るマクシミリアン1世の像が載っている。

舞踏会[編集]

チロル州ワルツの発祥の地ということもあり、インスブルックは舞踏会の街でもある。人口密度と比較すればウィーンより多くの舞踏会がカーニバル(ファッシング)シーズン中に開かれている。

  • 商工会議所舞踏会
  • 夏の宮廷舞踏会
  • ポーライ舞踏会
  • インスブルック大学舞踏会
  • 民族衣装組合の舞踏会
  • 山岳団体舞踏会
  • ムッラー舞踏会
  • 整体師の舞踏会

などがある。

スポーツ[編集]

インスブルックは、ウィンタースポーツの地として有名である。この地で1964年1976年冬季オリンピックが開催された。また、冬季パラリンピック1984年1988年と二期連続で開催されている。さらに毎年1月3日前後には2度の五輪で使用されたベルクイーゼルのジャンプ台ジャンプ週間の第3戦が開催されている。2012年にはインスブルックユースオリンピックが開催された

姉妹都市[編集]

インスブルックは以下の都市と姉妹都市締結をしている:

交通[編集]

空港[編集]

インスブルック国際空港(空港コードINN)

インスブルックの旧市街から西に約5キロメートル離れた、イン川沿いのチロル州インスブルック市内のクラーネビッテン地区(Kranebitten)にある国際空港。オーストリア航空(準ハブ)、オーストリアン・アローズ(旧チロリアン航空)、ウェルカム・エアーエアー・アルプスチロリアン・ジェットサービスなどがこの空港をベースに多くの路線を開設している。

2009年にはヨーロッパの21都市をインスブルックと結び、利用者数は95万7千人であった。また、夏と冬の観光ハイシーズンにはヨーロッパのみならず、中東北アフリカからのチャーター便も数多く発着している。冷戦期は小さな空港であったが、現在はアルプスの中央に位置し、ヨーロッパの様々な都市を結ぶハブ空港として大きく成長している。日本からはウィーンフランクフルトロンドンアムステルダムモスクワコペンハーゲンを経由して入ることができる。

インスブルック市の中心部とはインスブルック市交通局の路線バスFによって結ばれており、市内中心部にあるインスブルック中央駅までは約20分である。

高速道路[編集]

インスブルックから東西に延びるインタール高速道路(高速道路A12)はオーストリアで最も利用されている主要な高速道路の一つである。インスブルックからクーフシュタインザルツブルクミュンヘンドイツ)、ウィーン方面へは、東に延びるインタール高速道路を利用しアクセス可能である。イムストサンクト・アントンブレゲンツリヒテンシュタインチューリッヒスイス)方面へは、西に延びるインタール高速道路を経由してアクセスできる。

インスブルックから南にあるブレンナー峠ボルツァーノヴェネツィアミラノなどイタリア方面へは、ブレンナー高速道路(高速道路A13)を利用してアクセス可能であり、イタリアとの国境には約30分で到達する。

北方へ向かう高速道路はノルトケッテ連峰があるために存在せず、国道を通ってゼーフェルトミッテンヴァルトガルミッシュ=パルテンキルヒェンへアクセスできる。

鉄道[編集]

インスブルック中央駅はICE (国内都市間特急)、EC(ヨーロッパ国際特急)やIC(国内都市間急行)を含むドイツ、イタリア、スイスへ向かう全ての国際列車が停車する西オーストリア最大級の駅である。オーストリア国内路線ではザルツブルク、ウィーン、グラーツ、ブレゲンツ行きの直通列車があり、国際路線ではヴェローナ、ヴェネツィア、ミラノ、ミュンヘン、ハンブルクベルリン、チューリッヒ、バーゼル、コペンハーゲンへの直通列車が運行されている。また、ヨーロッパの高級長距離列車オリエント急行もインスブルックに停車する。

その他[編集]

参照[編集]

  • 『ザルツブルクとチロル アルプスの山と街を歩く』、2013年、ダイヤモンド社

風景[編集]

遠景 
1494年のインスブルック 
王宮 
州立劇場 
黄金の屋根 
市街風景 
イン川岸の街並み 
市内からのアルプスの眺め 
スキーのジャンプ台 

外部リンク[編集]

  1. ^ Klimadaten von Österreich 1971-2000 -Innsbruck-Flugplatz (in German). Central Institute for Meteorology and Geodynamics.
  2. ^ Klimadaten von Österreich 1971-2000 -Innsbruck-Uni” (German). Central Institute for Meteorology and Geodynamics. 2012年9月6日閲覧。