クオピオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クオピオ
Kuopion kaupunki(スオミ語)
プイヨタワーから望むクオピオ市街
プイヨタワーから望むクオピオ市街
クオピオの市章
市章
位置
クオピオの位置の位置図
クオピオの位置
座標 : 北緯62度53分33秒 東経27度40分42秒 / 北緯62.89250度 東経27.67833度 / 62.89250; 27.67833
歴史
開基 1653年
憲章 1775年
行政
フィンランドの旗 フィンランド
 県 北サヴォ県
 郡 クオピオ郡
 市 クオピオ
首長 Petteri Paronen
地理
面積  
  市域 2,317.24[1] km2 (894.7 mi2)
    陸上   1,597.39 km2 (616.8 mi2)
    水面   719.85 km2 (277.9 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  市域 96,830[2]
    人口密度   60.62人/km2(157人/mi2
  備考 フィンランド第9位
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.kuopio.fi

クオピオ(Kuopio)はフィンランド北サヴォ県に位置する都市。クオピオ郡に属する。面積は1,728.54Km²(2008年1月1日現在)でその約35%、604.51Km²が水面(湖沼)である。人口は96,830人(2011年1月31日現在)で、同国では9番目に大きな都市。中心部はKallavesi湖に突き出した半島部に広がる。

歴史[編集]

1653年に都市として設立されたが、正式に認可されたのは、1775年グスタフ3世によってである。

クオピオには東フィンランド大学英語版などいくつかの教育機関があり、学生が多く住む街でもある。

市内プイヨ丘にはクオピオのシンボルであるプイヨタワーが立っている。現在のタワーは1963年に完成した3代目で、初代は1856年、2代目は1906年に建てられた。 タワー周辺にはスキージャンプ台やクロスカントリーコースなどスポーツ施設が設けられ、市民の憩いの場ともなっている。 スキージャンプワールドカップが毎年開催されている。

クオピオ出身の人物[編集]

姉妹都市[編集]

姉妹都市提携の年は、公式サイト内のページ[3]に拠った。

スポーツ[編集]

クオピオを本拠地に置くスポーツクラブチーム


気候[編集]

Kuopioの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −6.2
(20.8)
−5.9
(21.4)
−0.3
(31.5)
5.5
(41.9)
14.0
(57.2)
19.2
(66.6)
21.4
(70.5)
18.5
(65.3)
12.3
(54.1)
5.9
(42.6)
−0.2
(31.6)
−4.1
(24.6)
6.68
(44.01)
平均最低気温 °C (°F) −13.2
(8.2)
−13.4
(7.9)
−8.3
(17.1)
−2.8
(27)
3.8
(38.8)
10.4
(50.7)
13.1
(55.6)
11.3
(52.3)
6.4
(43.5)
1.5
(34.7)
−4.5
(23.9)
−10.3
(13.5)
−0.5
(31.1)
降水量 mm (inch) 41.2
(1.622)
31.1
(1.224)
34.2
(1.346)
31.9
(1.256)
38.8
(1.528)
65.4
(2.575)
76.9
(3.028)
80.2
(3.157)
58.6
(2.307)
52.8
(2.079)
51.1
(2.012)
45.6
(1.795)
607.8
(23.929)
平均降水日数 11 8 9 7 8 9 11 11 10 11 12 11 118
出典: World Meteorological Organisation (UN) [4]
プイヨタワー

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 公式サイト フィンランド語、英語、スウェーデン語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、中国語