レーヴィ・マデトヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーヴィ・マデトヤ
Leevi Madetoja
1910年代に撮影}
1910年代に撮影
基本情報
出生 1887年2月17日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国
オウル州 オウル
死没 1947年10月6日(満60歳没)
フィンランドの旗 フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
職業 作曲家
音楽教師

レーヴィ・マデトヤ(マデトーヤと表記されることもあるが誤り、Leevi Antti Madetoja, 1887年2月17日 - 1947年10月6日)は、フィンランド作曲家・音楽教師。オウル出身。本来の姓はヒュッティネン(Hyttinen)。L.オネルヴァの筆名で知られる女性作家ヒルヤ・レヘティネンと結婚した。

ヘルシンキシベリウス作曲を師事した後、パリウィーンベルリンに遊学(1910年~1912年)。母国やアメリカ合衆国で教壇に立った。

代表作に、3つの交響曲交響詩《クレルヴォ》、2つの演奏会用序曲歌劇《ポホヤの人々》《ユハ》、日本を舞台とするバレエ音楽《オコン・フオコ》(「おかめひょっとこ」が語源か?)、管弦楽組曲(《交響組曲》作品4、《オストロボスニアの人々》作品52)など。

外部リンク[編集]