ハレ (ザーレ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
Coat of arms of Halle (Saale).svg Karte halle an der saale in deutschland.png
基本情報
連邦州: ザクセン=アンハルト州
郡: 郡独立市
緯度経度: 北緯 51度28分
東経 11度58分
標高: 海抜 87 m
面積: 135.02 km²
人口:

231,440人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,714 人/km²
郵便番号: 06108-06132 (旧: 40xx)
市外局番: 0345
ナンバープレート: HAL
UN/LOコード: DE HAL
自治体コード: 15 0 02 000
市の構成: 5 市区、35 小市区
市庁舎の住所: Marktplatz 1
06108 Halle (Saale)
ウェブサイト: www.halle.de
E-Mail: presseamt@halle.de
広報誌: Amtsblatt der Stadt Halle (Saale)
行政
上級市長: ベルント・ヴィーガント
(Bernd Wiegand, 無所属)
歌劇場
給水塔

ハレ (ザーレ)Halle (Saale)[2], 1995年まで:Halle/Saale)は、ドイツザクセン=アンハルト州の都市である。かつてはプロイセン王国戦後東ドイツに属した。人口は約23万人である。都市名はハレ・アン・デア・ザーレ[3]とも表記される。

地勢[編集]

ザーレ川沿いに位置する。岩塩の採掘地として有名。なおドイツ語で「ハレ」とは「製塩所」を意味する[4]。近隣の都市としては、約35キロ南西にライプツィヒ、約75キロ北にマクデブルクが位置する。

歴史[編集]

ハレは古ドイツ語で“塩”を意味する。ゆえにハレは古くから塩によって栄えてきた。中世においては、ハンザ同盟の加盟都市として繁栄した。1920年独立社会民主党はこの地で開催された党大会でコミンテルンへの加盟を決定した。この方針に従うものがドイツ共産党へ合流したことで、同党の勢力が増すことになった。第二次世界大戦では、奇跡的に空襲をあまり受けず、沢山の歴史的建造物が無傷で残っている。戦後間もなくはアメリカ軍の占領下にあったが、すぐにソ連へ引き渡されることとなる(ソ連占領地域)。東ドイツ時代はハレ県ドイツ語版の県庁所在地であった。

文化[編集]

18世紀にロンドンで活躍した作曲家、ヘンデルの出生地で、ヘンデル音楽祭が開催される。

プロイセン時代から大学都市として有名であり(マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク)、古典文献学および聖書解釈学の成立に大きく寄与した。クリスティアン・ヴォルフが哲学を講じた場所でもある。

交通[編集]

ライプツィヒマクデブルクからは40分程で結ばれている。市内には路面電車が張り巡らされ、マルクト広場から市内各地は最大でも20分ほどである。

姉妹都市[編集]

引用[編集]

  1. ^ ザクセン=アンハルト州統計局 - 市町村別人口; 2012年12月31日時点 (PDF)
  2. ^ 公式サイトにおける表記
  3. ^ ドイツ語: Halle an der Saale
  4. ^ Robert P. Multhauf 著、市場 泰男 訳 『塩の世界史』 p.101 平凡社 1989年11月24日発行 ISBN 4-582-40803-6

外部リンク[編集]