ヴァードー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァードーの紋章
ヴァードーの位置

ヴァードーVardø, フィンランド語:Vuoreija, Vuorea, サーミ語:Várggát)は、ノルウェーフィンマルク県の町。面積600平方キロメートル、人口2,396人(2004年)。ノルウェーの最も北東の地点にある。

地名の由来[編集]

ノース語のVargøyに由来する。vargrオオカミøyは島を表す。vargrはのちにケアンを意味するvarðaと替わった。

紋章[編集]

1895年から使用されている。漁船とタラ、朝日を表す。ラテン語でモットーVARDØENSIS INSIGNIA URBIS. CEDANT TENEBRÆ SOLI.(ヴァードーの紋章。暗闇は太陽への道筋を常に与える)が書かれている。

地理と気候[編集]

2001年4月のヴァードー

ヴァードーはノルウェーで最も東にある町で、実際にサンクトペテルブルクキエフイスタンブルよりも東に位置している。フィンマルク県の東端は、たとえ日中の時間が1時間以上多くても、県内の他所と同じ標準時である。

ヴァードー港はバレンツ海に面し、暖流北大西洋海流の影響で一年を通して不凍港である。ヴァードーはいつも、寒帯にあるノルウェー唯一の本土の町と称される。しかし厳密に言えばヴァードーのある島はヴァランゲル半島英語版の北東岸より2キロの位置にある。ヴァードーの7月の平均気温は9.1℃しかないが、冬は高緯度の割に温暖で、1月の平均気温は-5.1℃である。

島は海底トンネルを経由して本土とつながっている(ノルウェー初の海底トンネル)。ヴァードー空港はトンネル入り口の反対側にある、本土の自治体Svartnesである。ヴァードーは、ノルウェー沿岸部の町をまわるフェリーの寄港地の一つである。町はクレタ島シティアから続いたE75の最終地点である。

経済と観光[編集]

Vardøhus城塞の士官宿舎

漁業と水産品加工がヴァードーの主たる収入源であるが、観光も重要な経済要素となりつつある。

ヴァードーの観光の目玉は、13世紀後半にできたというVardøhus城塞で、現在のものは1734年に作られたものである。町には2つの博物館があり、1つは白海沿岸貿易などの地域史と、野鳥、第二次世界大戦中のドイツ軍防御物の名残などを展示する。ヴァードーの雪合戦大会はユニークな催しとして知られる。

Vardøhus城塞には2本のナナカマドの木が立ち、入念に育てられ冬も暖かくしていた(普通、北極の樹木生育境界線より北にあるヴァードーの冷涼な気候では樹木が育つことはない)。1960年に最初に7本の木が植林された。そのうち1本は成長し、花を2度咲かせた。その木も寒い気候のため2002年に倒れてしまったが、新たに2本の若木が同じ場所に植えられた。

グローバスIIレーダー[編集]

1998年より、町にはグローバスIIという名のレーダーが配備されている。公式目的はスペースデブリ追跡となっている。しかし、設置場所がロシア国境に非常に近いことから、グローバスIIシステムとアメリカの迎撃ミサイルシステムとの関連が揶揄され、外交上の議論を巻き起こした。

野鳥[編集]

ヴァードーのホルノーとレイノーにある海鳥のコロニーは、海岸部で最も目を引く場所である。ウミガラス類の小さな繁殖地となっている。港ではいつもシロカモメとアイスランド・カモメが見られる。