カナリア諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナリア諸島自治州
Comunidad Autónoma de Canarias
Flag of the Canary Islands.svg Canary Islands CoA.svg
州旗 紋章
Mapa territorios España Canarias.svg
州都 サンタ・クルス・デ・テネリフェ および ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
面積
 – 総面積
 – 割合
第13位
 7,447km²
 1.5%
人口
 – 総人口(2008)
 – 割合
 – 人口密度
第8位
 2,075,968人
 4.51%
 278.8人/km²
住人の呼称 canario/-a
自治州化 1982年8月16日
ISO 3166-2:ES ES-CN
議席割当
 – 下院
 – 上院
 
15
14
州首相 パウリーノ・リベーロ・バウテ(カナリア諸島連合)
公式サイト

カナリア諸島(カナリアしょとう、スペイン語: Islas Canarias)は、アフリカ大陸の北西沿岸に近い大西洋上にある、7つの島からなるスペイン領の群島である。カナリアス諸島ともいう。

名称の由来[編集]

グラン・カナリア島のラテン語名「Insula Canaria(「犬の島」の意)」に由来する。のち複数形「Insulae Canariae」として諸島全体を意味することにもなった。州の紋章には、7つの島々をはさんで一対の犬が描かれている。

「犬の島」の由来には下記の諸説がある。

  • かつて生息していたアザラシ(ラテン語で「海の犬」と呼ばれる)に由来するとする説[1]
  • 古代ローマの学者大プリニウスが、島に多くの野犬がうろついていることを最初に伝えたことによるとする説。

なお、鳥の一種カナリアの名は、原産地のひとつである本島に因んでいる。

歴史[編集]

カナリア諸島は、ギリシャ神話に登場した黄金の林檎があるというヘスペリデス島のモデルだと考えられている。[要出典]

最初はアラブ人ノルマン人ポルトガル人などが領有していたが、15世紀末に、おそらく先住民であったベルベル系グアンチェ族共々、カスティーリャ王国が征服している。

グアンチェはのちに家系の断絶や移住者の流入、および混血によるスペイン人への同化によって人数は減少した(とはいえ、現在のカナリア諸島の住民にも、グアンチェの血はかなり流れている)。その後カナリア諸島は、中南米へのスペインの進出活動における基地として重要な役割を果たすことになり、また同諸島の土地の貧しさから住民が数多くイスパノアメリカに移住した(特にキューバプエルトリコおよびベネズエラ)。

1960年代以降には保養地および観光地として発展を遂げることとなった。

行政区分・地理[編集]

カナリア諸島の地図

カナリア諸島はアフリカ北西部・モロッコおよび西サハラ西岸の沖に位置する。最も大陸に近いのは東部のフエルテベントゥーラ島で、大陸から100km強の距離である。

諸島全体でカナリア諸島自治州を構成する。自治州は、ラス・パルマス県サンタ・クルス・デ・テネリフェ県の2県で構成され、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアとサンタ・クルス・デ・テネリフェの2つの都市が共同州都となっている。

それぞれの島に「cabildo insular(「島の集会」の意)」と呼ばれる行政組織がある。

7つの島と政庁所在地は次のとおり。

テネリフェ島はスペイン国内の最高峰テイデ山を擁する。手前はカナリア諸島原産の植物エキウム・ウィルドプレッティ

テネリフェ島はスペイン国内の最高峰テイデ山(海抜3718m)を擁する。

なお、カナリア諸島の他に、カーボベルデマデイラ諸島アゾレス諸島なども含めたこの地域を通例マカロネシアと呼んでいる。

自然[編集]

竜血樹の大木 (テネリフェ島)
ガラホナイ国立公園のラウリシルバの森

地理的に大陸から隔絶された洋島であり、ヨーロッパ大陸全土やアフリカ北端を覆った氷河の影響を受けなかったため、固有の生物種が多く、環境保全上非常に重要な地域とされている。

原生種である竜血樹や照葉樹林の一種ラウリシルバなど、複数の生物種、生態系が保護されている。ゴメラ島島頂部ガラホナイ国立公園のラウリシルバは世界遺産に登録されている。

国立公園[編集]

スペインに13ある国立公園のうち4か所がカナリア諸島にある。

経済[編集]

経済基盤は、主に観光と熱帯農業で収穫したバナナタバコの輸出(ヨーロッパアメリカ)である。年間約1,000万人の観光客が訪れるが、環境学者は特に乾燥した島の自然環境への影響を懸念している。

高い山々と澄んだ空があるので望遠鏡の設置にもふさわしい場所であり、ラ・パルマ島のロケ・デ・ロス・ムチャーチョス山にはロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台(グラン・テカン天文台)がある。

カナリア諸島自治州は、EU の関税の範囲外である。ISO 3166-1 alpha-2コードとしてICが予約されているが、現在スペインと同じ国別コードトップレベルドメインとなっている。

カナリア諸島は西経13度から18度に位置していることから、地理的にはUTC-1の範囲になるが、現地の標準時間はUTC+0で、スペイン本土より1時間遅く、リスボンロンドンと同じ時間帯であり、夏時間を採用している。このため、スペイン本土の東部同様、太陽の南中は午後1時前後(冬時間)あるいは午後2時前後(夏時間)となる。

カナリア諸島と日本[編集]

ヒロシマ・ナガサキ広場と日本国憲法9条の碑[編集]

NATO軍基地があるグランカナリア島の非核地帯を宣言をしたテルデ市に、1996年に完成した広場にはスペイン語で書かれた日本国憲法第9条の碑が建てられている。
2007年公開のドキュメンタリー映画『シロタ家の20世紀』内でも紹介されている。

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]