グラン・カナリア島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラン・カナリア島
Gran Canaria
PdM2.jpg
プエルト・デ・モガーン (Puerto de Mogánの港
座標 北緯27度58分0秒 西経15度36分0秒 / 北緯27.96667度 西経15.60000度 / 27.96667; -15.60000座標: 北緯27度58分0秒 西経15度36分0秒 / 北緯27.96667度 西経15.60000度 / 27.96667; -15.60000
面積 1,560 km²
海岸線長 236 km
最高標高 1,949 m
最高峰 ピコ・デ・ラス・ニエベス (Pico de Las Nieves
最大都市 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
所在海域 大西洋
所属諸島 カナリア諸島
所属国・地域 スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示
グラン・カナリアの位置
衛星写真
行政区分(スペイン語)
グラン・カナリア島及び行政機関 (Cabildo Insular de Gran Canaria) の旗

グラン・カナリア島西: Gran Canariaラテン語: Insula Canaria「犬の島」の意)はスペイン領のカナリア諸島を構成する島の一つ。

歴史[編集]

グラン・カナリア島は、15世紀にてスペインによって攻め落とされる前に、グアンチ人(スペイン語でGuanches)が住んでいた。どのような状況の下でグアンチ人が入植や開拓し島に住んできたことは、まだ完全に研究されていない。 グアンチ民族とはもともとテネリフェ島のみの原住民を指しているので、グラン・カナリア島の原住民をむしろ元カナリア人と呼ばれることが多い。彼らは洞窟や、石で建てられた円形の住宅に住んでいた。

島には数多くの犬が居たため、ラテン語の「インスラ・カナリア(犬の島)」にグラン・カナリア島の名前が由来する一説がある。おそらくは、それよりアフリカの北東のベルベル人(英語バーバー人)の一民族であった“カナリイ” から派生する。

カスティーリャ(歴史上、スペインの中部地方)の知事ペドロ・デ・ベラ(スペイン語でPedro de Vera)は原住民との戦闘を1483年4月には正式に終結した。島はそれ以来、スペインの政権下にある。

行政区分[編集]

行政上はラス・パルマス県の一部としてグラン・カナリアの Cabildo Insular があり、21のムニシピオ(市町村)に分かれている。

  1. アガエーテ
  2. アグイーメス英語版
  3. アルテナーラ英語版
  4. アルーカス英語版
  5. フィルガス英語版
  6. ガルダル英語版
  7. インヘニオ英語版
  8. ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア
  9. モガーン英語版
  10. モジャ英語版
  11. サン・バルトロメ・デ・ティラハーナ英語版
  12. サン・ニコラス・デ・トレンティーノ英語版
  13. サンタ・ブリヒダ英語版
  14. サンタ・ルシーア・デ・ティラハーナ英語版
  15. サンタ・マリーア・デ・ギア英語版
  16. テヘーダ英語版
  17. テルデ英語版
  18. テロール英語版
  19. バジェセコ英語版
  20. バルセキージョ英語版
  21. ベガ・デ・サン・マテーオ英語版

交通[編集]

島の東部にグラン・カナリア空港があり、スペイン本国だけではなくヨーロッパ各地とを結んでいる。

島内の主要な公共交通機関としてバスが運行されている。

観光[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]