アントニ・ガウディの作品群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 アントニ・ガウディの
作品群
スペイン
サグラダ・ファミリア
サグラダ・ファミリア
英名 Works of Antoni Gaudí
仏名 Les œuvres d’Antoni Gaudí
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (4)
登録年 1984年
拡張年 2005年
備考 「バルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ」から登録名称変更
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
アントニ・ガウディの作品群の位置
使用方法表示

アントニ・ガウディの作品群スペインバルセロナにあるアントニ・ガウディの建築作品のうち、ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されたものを言う。

概要[編集]

アントニ・ガウディ(1852年 - 1926年)は古今東西の折衷様式を唱えたモデルニスモの代表的建築家として知られる。アントニ・ガウディは26歳の時、パリの博覧会に出品したのをきっかけに大富豪、エウゼビ・グエイ(スペイン語読みはエウゼビ・グエル)と出会う。これが元で世界遺産の題名の一部となったグエル公園(パルケ・グエル)、グエル邸(パラシオ・グエル)の設計・建築を依頼されこれらを建設した。この後、ガウディはバルセロナ中の富豪から設計の依頼が来るようになった。これらの一部も世界遺産に登録されている。

登録経緯[編集]

1984年におこなわれた世界遺産会議においてバルセロナのパルケ・グエル、パラシオ・グエル、カサ・ミラ(英語:Parque Güell, Palacio Güell and Casa Mila in Barcelona、仏語:Parc Güell, palais Güell, Casa Mila à Barcelone)の名称で登録を受けたが、2005年に追加登録をした際に現在の名前に改称した。

スペインはスペイン国内のすべてのガウディの建築群を登録申請したが、登録を許可されたのは以下の7箇所である。

登録基準[編集]

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は、世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと認定し、世界遺産として登録した(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

登録された物件[編集]

※ユネスコのAdvisory Body Evaluationによる。

バルセロナ[編集]

その他の地域[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]