ザフラー宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザフラー宮殿、リコの間

ザフラー宮殿( アラビア語: المدينهُ الزهراء‎ Madīnat az-Zahrā, スペイン語: Medina Azahara )は、スペインアンダルシア州コルドバ県コルドバの西北7キロの丘に位置する中世イスラーム建築宮殿跡。ザフラーとは、アラビア語で「」を意味する。

概要[編集]

イベリア半島ムスリム政権である後ウマイヤ朝の時代に建設された。アミールからカリフとなったアブド・アッラフマーン3世が、首都コルドバの離宮都市として、寵妃の名を冠して建設したとされる。シエラ・デ・コルドバの花嫁の山(ジャバル・アル・アルース)の中腹に位置し、南方にグアダルキビール川と平原をのぞむ。

アブド・アッラフマーン3世がカリフ宣言をしたのちの936年に着工した。工事には毎日1万人の人夫、ラバ1000頭、ラクダ400頭を使役しても足りず、民間からラバ1000頭を借りたという。造営が進んだところでアブド・アッラフマーン3世はアルカサルから移り、市民の移住も奨励された。建設は息子のハカム2世に引き継がれ、合計35年をかけて完成したが、ウマイヤ朝の内紛によってヒシャーム2世の時代に破壊された。

ウマイヤ朝の滅亡後、12世紀に地理学者のイドリースィーが訪れた際は、少数の住人がいたという。長らく廃墟となっていたが、1910年に発掘が始まり、解明が進んだ。その規模から、ヴェルサイユ宮殿と比べられることもある。

構造[編集]

最上層にはカリフの宮殿や宮廷人の住居、中層には庭園、下層には大モスクと一般市民の住宅地があったとされる。宮殿は東西1500メートル、南北700メートルの広さを持ち、正門にはドームを頂く円柱回廊があり、寵妃ザフラーを模したともいわれる女人像が置かれていた。鉄や青銅を張った扉は1500枚以上、大理石の円柱は4000本以上に達した。

カリフの謁見の間は、金や銀の瓦、大理石板の床、アラバスターの壁、象牙黒檀のアーチで造られ、広間の中心には水銀をたたえた水盤があり、来訪者を楽しませるのに使われた。宮殿にはコンスタンティノープルから運んだ噴水盤が2つ設置され、ひとつは金の白鳥と人物像をもつ青銅製、もうひとつは12頭の金の動物像をもち縞瑪瑙に彫刻がされていた。庭園には動物園があり、礼拝堂の中庭には、ワインのように赤い大理石が使われた。好学で知られるハカム2世の治世には、40万巻ともいわれる量の書物が運びこまれた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]