イビサ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレアレス諸島。左下にイビサ島がある。
ビーチ

イビサ島スペイン語:Ibiza / カタルーニャ語:Eivissa )は、地中海バレアレス諸島に属する、スペイン領の島であり、正式名称は、カタルーニャ語表記のEivissa(アイヴィーサ)である。島の中心都市も、アイヴィーサという。日本では、英語発音に由来する「イビザ島」表記も見られる。

歴史[編集]

西地中海の要所にあるため、古来ローマ帝国ヴァンダル人ビザンティン帝国イスラム諸国家、アラゴン王国など、様々な勢力の間でその支配権が争われて来た。近世以降は、当初はアラゴン王国、やがてそのアラゴン王国などを統合したスペイン王国が領有して、現在に至っている。

イビサ島が世界中から注目されるのは、戦後、この島がヨーロッパのヒッピー文化の中心となってからである。やがて1980年代終わりに、この島で息づいていたバレアリックと呼ばれる、独特の自由なダンス音楽スタイルと、そのクラブシーンの享楽的な雰囲気を、当時、英国で盛り上がっていたセカンド・サマー・オブ・ラブ世代のDJ達と、プロモーターが発見したことにより、英国の若者たちのパーティー・アイランドとして、爆発的な発展を遂げることになる。

1990年代を通して、ヨーロッパのクラブカルチャー、ダンスミュージックの中心地として君臨し、最新の音楽流行を求めて、世界中からクラバーたちが押し寄せることとなる。その後、島にあるクラブの巨大化と陳腐化、客層の低年齢化により、以前のような、先鋭的な音楽シーンは姿を消したものの、依然として、欧州の若者達の、最も人気な観光地である。

観光[編集]

島には、有名なクラブが多くあり、夏の間は特に、世界中の超有名DJたちがプレイするため、大人気な観光地となっている。また、その美しい海(地中海一きれいな海)と砂浜も、多くの人々を惹き付けている。島の西海岸にあるBar、Cafe del mar(カフェ・デル・マール)は、その美しい日没の風景と、BarのDJがかける独特の音楽により、世界で最も有名なBarの1つとして知られている。このBarで流されているような、リラックスできるダンス系ミュージックは、後にチルアウトミュージックと呼ばれるジャンルとして、欧州で流行する。他に、有名なクラブとしては、Pacha(パチャ)やAmnesia(アムネシア)、Space(スペース)、Privilege(プリビレッジ)、Eden(エデン)、Es Paradis(エス パラディス)などが上げられる。Amnesiaで行われる泡パーティーや、Es Paradisで行われる水パーティーは、非常に有名である。Privilegeは、収容人数1万人以上を誇り、世界最大のクラブとしてギネスに登録されている。

なお、他の欧州リゾートと同様に、ドラッグ汚染が深刻な問題とされた時期もあったが、厳しい取締りと関係者の努力により、ドラッグの影は薄くなった。

上記で紹介した、ミュージック&クラブカルチャーが盛んなのは、島の一つの側面に過ぎず、その他、老夫婦、家族連れ、カップルたちが、とても落ち着いた雰囲気で、バカンスを堪能できるという、もう一つの側面もある。美しい海での海水浴、島のオーガニック食材をふんだんに使用した、レストランでの食事、古くから残る中世・近世の美しい町並み等々、島の魅力は、ここでは書ききれない。世界中のセレブたちが魅了され、毎年、バカンスで訪れるのも納得だ。

世界遺産[編集]

世界遺産 イビサ島の生物多様性と歴史地区
スペイン
イビサ島の旧市街
イビサ島の旧市街
英名 Ibiza, Biodiversity and Culture
仏名 Ibiza, biodiversité et culture
面積 8564.0000ha
登録区分 複合遺産
登録基準 (2),(3),(4) (9),(10)
登録年 1999年
IUCN分類 IV
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

イビサ島は島自体が、1999年にユネスコ世界遺産として登録されている。スペイン世界遺産の中では、2件目の複合遺産(自然遺産と文化遺産が共存する世界遺産)である。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

その他[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg スペインの世界遺産
World Heritage Sites in Spain

文化遺産
コルドバ歴史地区 | グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン |ブルゴス大聖堂 | マドリードのエル・エスコリアルの修道院と遺跡 | アントニ・ガウディの作品群カサ・ミラグエル公園サグラダ・ファミリアカサ・ビセンス)|アルタミラ洞窟 |セゴビア旧市街と水道橋| オビエドとアストゥリアス王国の建造物群 | サンティアゴ・デ・コンポステーラ | アビラ旧市街と市壁外の教会群 | アラゴンのムデハル建築 | 古都トレド | カセレス旧市街 | セビリア大聖堂アルカサルインディアス古文書館 | サラマンカの旧市街 | ポブレー修道院 | メリダの考古遺産群 | サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院 | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | 歴史的城塞都市クエンカ | バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ | ラス・メドゥラス | バルセロナカタルーニャ音楽堂サン・パウ病院 | サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院 | アルカラ・デ・エナーレスの大学と歴史地区 | イベリア半島の地中海沿岸の岩絵 | コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群(ポルトガルと共有) | サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ | タラゴナの考古遺産群 | エルチェの椰子園 | ルーゴのローマ城壁 | バル・デ・ボイのカタルーニャ風ロマネスク様式聖堂群 | アタプエルカの考古遺跡 | アランフエスの文化的景観 | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 | ビスカヤ橋 | ヘラクレスの塔 | シエラ・デ・トラモンターナの文化的景観 | 水銀の遺産アルマデンとイドリヤスロベニアと共有)
自然遺産
ガラホナイ国立公園 | ドニャーナ国立公園 | テイデ国立公園
複合遺産
イビサの生物多様性と文化 | ピレネー山脈のモン・ペルデュフランスと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | スペインの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、スペインの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。