ポブレー修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ポブレー修道院
スペイン
ポブレー修道院
ポブレー修道院
英名 Poblet Monastery
仏名 Monastère de Poblet
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (4)
登録年 1991
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ポブレー修道院の位置
使用方法表示

ポブレー修道院カタルーニャ語:Monestir Reial de Santa Maria de Poblet)はスペインカタルーニャ州タラゴナ県にあるシトー会修道院ポブレ修道院の表記もある。1991年にユネスコ世界遺産に登録された。

概要[編集]

カタルーニャ州のコマルカクンカ・ダ・バルバラー(タラゴナ県)のビンブディー・イ・ポブレーにあるポブレー修道院は、スペイン国内でも最も規模の大きな修道院の1つである。1151年バルセロナラモン・バランゲー4世にこの地を与えられたフォンフロワド修道院フランスナルボンヌ近郊)のシトー会士らによって築かれた。ハイメ1世ペドロ4世アラゴン王国の王や王妃たちの墓所がある。1835年にメンディサバル法が出された結果一時荒廃したが、1940年以降修復が行なわれ、修道士たちが戻り、今日に至っている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]