アルカサル (セビリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 セビリアの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館
スペイン
アルカサル
アルカサル
英名 Cathedral, Alcázar and Archivo de Indias in Seville
仏名 La Cathédrale, l'Alcázar et l'Archivo de Indias de Séville
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (3), (6)
登録年 1987年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

アルカサルReal Alcázar de Sevilla)は、スペインセビリアにあるスペイン王室の宮殿である。14世紀、カスティーリャペドロ1世の命により、イスラム時代の宮殿の跡地にムデハル様式で建設が始められた。グラナダアルハンブラ宮殿を意識した構造になっている。15世紀から16世紀にも増築されたため、ゴシックやルネサンスなどの様式も混じっている。

世界遺産[編集]

1987年、アルカサルは「セビリアの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」の一部としてユネスコの世界遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界遺産を旅する2 スペイン・ポルトガル・モロッコ・チュニジア』近畿日本ツーリスト、1997年

関連項目[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg スペインの世界遺産
World Heritage Sites in Spain

文化遺産
コルドバ歴史地区 | グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン |ブルゴス大聖堂 | マドリードのエル・エスコリアルの修道院と遺跡 | アントニ・ガウディの作品群カサ・ミラグエル公園サグラダ・ファミリアカサ・ビセンス)|アルタミラ洞窟 |セゴビア旧市街と水道橋| オビエドとアストゥリアス王国の建造物群 | サンティアゴ・デ・コンポステーラ | アビラ旧市街と市壁外の教会群 | アラゴンのムデハル建築 | 古都トレド | カセレス旧市街 | セビリア大聖堂アルカサルインディアス古文書館 | サラマンカの旧市街 | ポブレー修道院 | メリダの考古遺産群 | サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院 | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | 歴史的城塞都市クエンカ | バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ | ラス・メドゥラス | バルセロナカタルーニャ音楽堂サン・パウ病院 | サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院 | アルカラ・デ・エナーレスの大学と歴史地区 | イベリア半島の地中海沿岸の岩絵 | コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群(ポルトガルと共有) | サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ | タラゴナの考古遺産群 | エルチェの椰子園 | ルーゴのローマ城壁 | バル・デ・ボイのカタルーニャ風ロマネスク様式聖堂群 | アタプエルカの考古遺跡 | アランフエスの文化的景観 | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 | ビスカヤ橋 | ヘラクレスの塔 | シエラ・デ・トラモンターナの文化的景観 | 水銀の遺産アルマデンとイドリヤスロベニアと共有)
自然遺産
ガラホナイ国立公園 | ドニャーナ国立公園 | テイデ国立公園
複合遺産
イビサの生物多様性と文化 | ピレネー山脈のモン・ペルデュフランスと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | スペインの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、スペインの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。


座標: 北緯37度23分02秒 西経5度59分29秒 / 北緯37.38389度 西経5.99139度 / 37.38389; -5.99139