イベリア半島の地中海沿岸の岩絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 イベリア半島の
地中海沿岸の岩絵
スペイン
イベリア半島の岩絵の模写(参考画像。世界遺産登録対象かは不明)
イベリア半島の岩絵の模写
(参考画像。世界遺産登録対象かは不明)
英名 Rock Art of the Mediterranean Basin on the Iberian Peninsula
仏名 Art rupestre du bassin méditerranéen de la péninsule Ibérique
登録区分 文化遺産
登録基準 (3)
登録年 1998年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
イベリア半島の地中海沿岸の岩絵の位置
使用方法表示

イベリア半島の地中海沿岸の岩絵(イベリアはんとうのちちゅうかいえんがんのいわえ)は、スペインの世界遺産の一つである。カタロニア州アンダルシア州ムルシア州バレンシア州アラゴン州カスティーリャ=ラ・マンチャ州の6つの州にまたがる700地点以上に残る、膨大な数の先史時代の岩壁画が対象となっている。

概要[編集]

正確な作製年代は議論の余地があるが、おおむね紀元前8000年頃から前3500年頃のようである。洞窟壁画の一種ではあるが、自然光がさしこむ範囲に描かれているものが多い点で、他の多くの洞窟壁画と異なっている。岩絵群は染料などで彩色されたものが多いが、単なる線刻画もある。絵のサイズは数十センチ程度のものばかりで、他の世界遺産に登録されている岩絵群と比べても小さめである。描かれているのは狩猟採集生活を行う人々や動物などで、生活の様々な様子が活写されている点にも特色がある。

登録対象[編集]

登録地点は727箇所である[1]ICOMOSはこれをスタイルや主題を基準に7つの地域に分類している[2]

  • 北部(The northern zone)
  • マエストラスゴとエブロ川下流(The Maestrazgo and the Lower Ebro)
  • クエンカアルバラシンの山岳地帯(Mountain areas of Cuenca and Albarracin)
  • フカル川洞窟と近隣山岳地帯(The Jucar river cave and the neighbouring mountain area)
  • サフォル地方とラ・マリナ地方(The Safor and La Marina regions)
  • セグラ川盆地と近隣山岳地帯(The Segura river basin and neighbouring mountain areas)
  • 東アンダルシア(Eastern Andalusia)

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

ICOMOSは既に世界遺産に登録されていたタッシリ・ナジェールアルジェリア)、ヴェゼール渓谷フランス)、シエラ・デ・サンフランシスコメキシコ)などの岩絵と比べても、描かれている図像の小ささや、狩猟採集社会から農耕社会への過渡的な時期に描かれた貴重な証言であることなどによって、世界遺産として登録されるべき価値を有していると判断した[3]

脚注[編集]

  1. ^ ユネスコ世界遺産センターによる一覧
  2. ^ この物件に関するAdvisory body evaluationp.52
  3. ^ ibid.,pp.53-54


座標: 北緯39度47分24秒 西経1度02分00秒 / 北緯39.79000度 西経1.03333度 / 39.79000; -1.03333