カサ・ビセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


世界遺産 アントニ・ガウディの作品群
スペイン
カサ・ビセンス
カサ・ビセンス
英名 Works of Antoni Gaudí
仏名 Les œuvres d’Antoni Gaudí
登録区分 文化遺産
登録基準 (i),(ii),(iv)
登録年 1984年
拡張年 2005年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

カサ・ビセンススペインバルセロナにある、アントニ・ガウディが初期に手がけた重要な建築物の1つ[1]。レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンスとその家族の住居として建設された[1]。マヌエル・ビセンスは1895年に死去、1899年にはアントニオ・ジョベル医師の手に渡った(この人物は2013年現在の所有者の祖父)[1]。改修および増築を経て、1969年にスペインの歴史芸術モニュメントに認定された[1]。2005年にはユネスコ世界遺産に登録された。

1883年から1885年または1889年にかけて建設され[1]、バルセロナのグラシア地区に現存している[1]。このガウディの初期作品の外観はムデハル様式の影響を受けている[2]

2007年10月、2700万ユーロで売りに出された[3]が、2013年現在まだ売れていない[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g CASA VICENS”. アルタディシオン. 2013年9月26日閲覧。
  2. ^ 『るるぶスペイン’12〜’13』 JTBパブリッシング2012年、24頁。ISBN 978-45330846522013年9月閲覧。
  3. ^ S'obre una web per vendre la Casa Vicens de Gaudí”. 2007年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]