カサ・ビセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


世界遺産 アントニ・ガウディの作品群
スペイン
カサ・ビセンス
カサ・ビセンス
英名 Works of Antoni Gaudí
仏名 Les œuvres d’Antoni Gaudí
登録区分 文化遺産
登録基準 (i),(ii),(iv)
登録年 1984年
拡張年 2005年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

カサ・ビセンススペインバルセロナにある、アントニ・ガウディが初期に手がけた重要な建築物の1つ[1]。レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンスとその家族の住居として建設された[1]。マヌエル・ビセンスは1895年に死去、1899年にはアントニオ・ジョベル医師の手に渡った(この人物は2013年現在の所有者の祖父)[1]。改修および増築を経て、1969年にスペインの歴史芸術モニュメントに認定された[1]。2005年にはユネスコ世界遺産に登録された。

1883年から1885年または1889年にかけて建設され[1]、バルセロナのグラシア地区に現存している[1]。このガウディの初期作品の外観はムデハル様式の影響を受けている[2]

2007年10月、2700万ユーロで売りに出された[3]が、2013年現在まだ売れていない[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g CASA VICENS”. アルタディシオン. 2013年9月26日閲覧。
  2. ^ 『るるぶスペイン’12〜’13』 JTBパブリッシング2012年、24頁。ISBN 978-45330846522013年9月閲覧。
  3. ^ S'obre una web per vendre la Casa Vicens de Gaudí”. 2007年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg スペインの世界遺産
World Heritage Sites in Spain

文化遺産
コルドバ歴史地区 | グラナダのアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン |ブルゴス大聖堂 | マドリードのエル・エスコリアルの修道院と遺跡 | アントニ・ガウディの作品群カサ・ミラグエル公園サグラダ・ファミリアカサ・ビセンス)|アルタミラ洞窟 |セゴビア旧市街と水道橋| オビエドとアストゥリアス王国の建造物群 | サンティアゴ・デ・コンポステーラ | アビラ旧市街と市壁外の教会群 | アラゴンのムデハル建築 | 古都トレド | カセレス旧市街 | セビリア大聖堂アルカサルインディアス古文書館 | サラマンカの旧市街 | ポブレー修道院 | メリダの考古遺産群 | サンタ・マリア・デ・グアダルーペ王立修道院 | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路 | 歴史的城塞都市クエンカ | バレンシアのラ・ロンハ・デ・ラ・セダ | ラス・メドゥラス | バルセロナカタルーニャ音楽堂サン・パウ病院 | サン・ミジャンのユソ修道院とスソ修道院 | アルカラ・デ・エナーレスの大学と歴史地区 | イベリア半島の地中海沿岸の岩絵 | コア渓谷とシエガ・ベルデの先史時代の岩絵遺跡群(ポルトガルと共有) | サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ | タラゴナの考古遺産群 | エルチェの椰子園 | ルーゴのローマ城壁 | バル・デ・ボイのカタルーニャ風ロマネスク様式聖堂群 | アタプエルカの考古遺跡 | アランフエスの文化的景観 | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 | ビスカヤ橋 | ヘラクレスの塔 | シエラ・デ・トラモンターナの文化的景観 | 水銀の遺産アルマデンとイドリヤスロベニアと共有)
自然遺産
ガラホナイ国立公園 | ドニャーナ国立公園 | テイデ国立公園
複合遺産
イビサの生物多様性と文化 | ピレネー山脈のモン・ペルデュフランスと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | スペインの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、スペインの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。