スペイン継承戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイン継承戦争
Bakhuizen, Battle of Vigo Bay.jpg
ビーゴ湾の海戦
戦争:スペイン継承戦争
年月日1701年 - 1714年
場所ヨーロッパ北アメリカ
結果ユトレヒト条約ラシュタット条約の締結
交戦勢力
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク君主国
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
イングランド王国の旗 イングランド王国グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
Flag Portugal (1707).svgポルトガル王国
Savoie flag.svgサヴォイア公国
Flag of Catalonia.svgカタルーニャ
Estandarte de la Corona de Aragon.svgアラゴン
Flag of the Land of Valencia (official).svgバレンシア
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国
Bandera Navarra.svgナバラ
Flag of the Basque Country.svgバスク
Flag of Bavaria (lozengy).svgバイエルン選帝侯国
ハンガリー人反乱者
指揮官
Flag of the Habsburg Monarchy.svgカール大公
Flag of the Habsburg Monarchy.svgプリンツ・オイゲン
Flag of the Habsburg Monarchy.svgグイード・フォン・シュターレンベルク
Flag of the Habsburg Monarchy.svgヴィリッヒ・フォン・ダウン
Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svgバーデン辺境伯ルートヴィヒ・ヴィルヘルム
Banner of the Holy Roman Emperor (after 1400).svgハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ
Union flag 1606 (Kings Colors).svgマールバラ公ジョン・チャーチル
Union flag 1606 (Kings Colors).svgゴールウェイ伯ヘンリー・デ・マシュー
Union flag 1606 (Kings Colors).svgピーターバラ伯チャールズ・モードント
Union flag 1606 (Kings Colors).svgジェームズ・スタンホープ
Union flag 1606 (Kings Colors).svgオーモンド公ジェームズ・バトラー
Union flag 1606 (Kings Colors).svgジョージ・ルーク
Prinsenvlag.svgアウウェルケルク卿ヘンドリック・ファン・ナッサウ
Prinsenvlag.svgアルベマール伯アーノルド・ヴァン・ケッペル
Flag of the Kingdom of Prussia (1701-1750).svgアンハルト=デッサウ侯レオポルト1世
Flag Portugal (1707).svg第2代ミナス侯アントニオ・ルイス・デ・ソーサ
Savoie flag.svgヴィットーリオ・アメデーオ2世
Pavillon royal de France.svgヴァンドーム公ルイ・ジョゼフ・ド・ブルボン
Pavillon royal de France.svgヴィラール公クロード・ルイ・ド・ヴィラール
Pavillon royal de France.svgブーフレール公ルイ・フランソワ
Pavillon royal de France.svgヴィルロワ公フランソワ・ド・ヌフヴィル
Pavillon royal de France.svgニコラ・カティナ
Pavillon royal de France.svgタラール伯カミーユ・ドスタン
Pavillon royal de France.svgフェルディナン・ド・マルサン
Pavillon royal de France.svgテッセ伯ルネ・ド・フルーレ
Pavillon royal de France.svgベリック公ジェームズ・フィッツジェームズ
Pavillon royal de France.svgブルゴーニュ公ルイ
Pavillon royal de France.svgオルレアン公フィリップ2世
Bandera de España 1701-1760.svgフェリペ5世
Flag of Bavaria (lozengy).svgマクシミリアン2世エマヌエル
ラーコーツィ・フェレンツ2世
戦力
232,000 フランス 255,000
スペイン
歩兵13,000
騎兵50,000
スペイン継承戦争

スペイン継承戦争(スペインけいしょうせんそう、スペイン語: Guerra de Sucesión Española)は、18世紀初めにスペイン王位の継承者を巡ってヨーロッパ諸国間で行われた戦争(1701年 - 1714年)。また、この戦争において北アメリカ大陸で行われた局地戦はアン女王戦争と呼ばれる。

原因[編集]

スペイン・ハプスブルク家最後の王カルロス2世

フランス王ルイ14世は領土拡大を目論み、たびたび戦争を起こしたが(ネーデルラント継承戦争オランダ侵略戦争大同盟戦争)、イングランド王オランダ総督ウィリアム3世を中心とする周辺諸国の反発を招き、小規模な目的しか達成出来ずにいた。1697年に大同盟戦争を終結させたレイスウェイク条約で、フランスは領土をほとんど手に入れられなかったばかりか、相手側の要求を認めたため実質的な敗戦となったが、ルイ14世は姻戚関係にあるスペイン王位に目をつけていたため妥協した結果であった。

スペイン・ハプスブルク家カルロス2世は生来虚弱体質で、子孫が生まれることを望めなかった。このため、フェリペ4世の娘でカルロス2世の姉マリア・テレサ(フランス名マリー・テレーズ1683年死去。自身はフランス王家に嫁ぐ際にスペイン王位継承権を放棄)とブルボン家のフランス王ルイ14世(フェリペ3世の娘アナ(アンヌ)の子でもある)の子であるフランス王太子ルイ(グラン・ドーファン、後のルイ15世の祖父)が後継候補とされた。しかしフランス王位継承者がスペイン王となればフランスとスペインが将来同君連合となってしまうため反対が多く、フランス側からもルイ14世の孫で王太子の次男(後のルイ15世の叔父)アンジュー公フィリップを後継者に推した。

これに対して、スペイン王家とは同族で、フェリペ3世の娘でアンヌの妹マリア・アンナ(マリア・アナ)の子であるオーストリア・ハプスブルク家神聖ローマ皇帝レオポルト1世も候補になったが、これもスペインとオーストリアの合邦を招くため、レオポルト1世は末子のカール大公を候補者に推していた。勢力均衡で戦争を防ぐためウィリアム3世はフランスと度々交渉を行い1698年1700年にスペイン領分割条約を結び、海外領土を含めた広大な所領をアンジュー公・カール大公に分け与えて相続することを取り決めたが、交渉から外されたオーストリアの反対と所領の一括相続を望むカルロス2世の拒絶で、いずれも実現しなかった。

各国の思惑が交錯する中、カルロス2世は1700年11月1日に突如崩御したが、遺言書にはアンジュー公に位を譲る旨が記されていた。これはスペイン宮廷にフランス支持者を増やしたルイ14世の画策によるものであったというが、カルロス2世は一括相続して戦争が起こる場合を見越して、フランスが諸国に対抗出来るだろうとの期待から選んだものであった。ここにおいて、アンジュー公がスペイン王フェリペ5世として即位した。

スペインを事実上獲得したルイ14世は、スペイン王位継承の障害であったフェリペ5世のフランス王位継承権を手放さないことを表明、オランダへの牽制としてスペイン領ネーデルランド(現ベルギー)の総督でフェリペ5世の母方の叔父でもあるバイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルの承認を得てフランス軍を駐屯させ、スペインの貿易特権をフランスの貿易会社に譲らせた上、イングランド王位僭称者ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートを支持するジャコバイトの支援も行った。これら一連の行動はイギリスを戦争へと傾かせ、オランダへ渡ったウィリアム3世はハーグでフランスの勢力拡大を恐れるオーストリア、オランダと対フランス大同盟を結び、フェリペ5世の即位に反対してフランス、スペインに宣戦布告した[1]

最初はスペインの辺境を我が物にせんとするフランスと、それを押しとどめようとするヨーロッパ各国との戦争の様相であったが、次第にスペインの国内事情がからみ『スペインの内戦』の一面を持つようになった。スペイン国内が一丸となってフェリペ5世即位を支持したわけではなく、政治の中心であるカスティーリャに対し、古くから君主との協約主義を掲げ自治の発達したカタルーニャ及びアラゴンバレンシアは中央政権に対抗心を持っていたのである。ナバラバスクはブルボン家支持を表明した。

なお、戦争が始まる前にイングランドでは1701年に王位継承法が制定され、ステュアート朝断絶後はドイツ神聖ローマ帝国)の領邦選帝侯の一員でもあるハノーファー公国から新たに国王を迎え入れることを決定した。同じく選帝侯のブランデンブルク辺境伯プロイセン公フリードリヒ3世も、戦争支援の約束と引き換えにレオポルト1世から王号を許され「プロイセンの王」フリードリヒ1世に即位、プロイセン王国が成立した。ハノーファーとプロイセンは戦後に列強の一員となり、ヨーロッパの勢力を変えることになる[2]

経過[編集]

戦争はまず、オーストリアがスペイン領ミラノ奪還を目指して、1701年にプリンツ・オイゲン率いる軍を北イタリアに進撃させたことで始まった。イギリスは1702年にウィリアム3世が死去、新たに即位した義妹のアン女王の下でシドニー・ゴドルフィンを中心とした政権が成立、女王の女官サラ・ジェニングスの夫であるマールバラ公ジョン・チャーチルが司令官に任命されて大陸に派遣され、イギリス軍はオランダ軍と連合してフランドルに迫った。ここでマールバラ公はオランダに接近したフランス軍を威嚇しながら占領地域を解放、1703年にはフランス軍をネーデルラントへ後退させた。

ポルトガルやブランデンブルク=プロイセン・ハノーファーを始めとするドイツの諸領邦国家も同盟に加わったため、フランスは孤立無援に陥ったが、バイエルン選帝侯マクシミリアン2世の同盟を得てアルザスを占領、南ドイツに軍を派遣してオーストリアを脅かした。しかしこれに対して、マールバラ公が長駆南ドイツに至り、オイゲンのオーストリア軍と連合してブレンハイムの戦いでフランスを破った(1704年)。結果、バイエルンは同盟国に占拠され、マクシミリアン2世はネーデルラントへ亡命、オーストリアの危機は去った。

フランスは反撃を図り、オーストリア側に就いたサヴォイア公国の首都トリノを攻囲したが、1706年にオイゲン率いるオーストリア軍に敗れ、北イタリアを制圧された(トリノの戦い)。またスペイン領ネーデルランドでは、マールバラ公率いるイギリス軍にラミイの戦いで敗れ、ネーデルラントを失った。

スペインも、1707年イタリア半島を南下したオーストリア軍にスペイン領のナポリ王国を占領された上、スペイン国内ではオーストリアの推す国王候補カール大公を支持してアラゴン・バレンシア・カタルーニャがスペイン王室に反旗を翻したので、1704年にジョージ・ルーク率いるイギリス海軍がジブラルタルを占領してこれを支援した(ジブラルタルの占領)。スペイン軍はジブラルタルを長期間包囲したが、イギリス海軍は執拗に持ちこたえた(マラガの海戦[3]

1707年、フランス軍はフランドルに軍を集めてイギリス・オランダ軍に対する反抗を開始した。マールバラ公はこれに対してイギリス・オランダ・オーストリアの連合軍を結集し、1708年アウデナールデの戦いでフランス軍を破った。翌1709年、ルイ14世は和平を提案したが、フェリペ5世のスペイン王位継承をはじめとして連合国の認められない要求が含まれていたため、戦争は再開され、マールバラ公はパリ進撃を目指してフランス領フランドルに侵入した。連合軍とフランス軍はマルプラケの戦いで激突し、連合軍はフランス軍を敗走させたものの、死傷者数万人の大損害を被り、戦線はフランドルで膠着した。

この頃までに、オランダやドイツ諸邦は既に戦争の継続に倦んでおり、イギリス国内でも和平を望む声が高まっていた。1710年、自身がイギリスの戦争推進派の中心でもあるマールバラ公がアン女王の信任を失うと、政府も和平に傾き始め、ゴドルフィンがアンに更迭され、与党のホイッグ党が総選挙で敗れると、トーリー党の指導者ロバート・ハーレーヘンリー・シンジョンらが和平に動き出した。

ヨーロッパで戦争が繰り広げられている間、アメリカ大陸ではイギリスとフランスの間で植民地を巡るアン女王戦争が開始された。イギリスはフランス領カナダケベックを狙い、フランスはニューイングランドの英国植民地を狙い、いずれも成功しなかったが、イギリスはフランス領アカディアの占領に成功している。また、戦争中の1707年にイングランドとスコットランドの合同条約が批准され、グレートブリテン王国が成立している[4]

※本記事では王位と国制に関わる箇所を除いて「イギリス」に統一している。

和平[編集]

スペイン継承戦争後の各国の領土。茶色はイギリス、青はフランス、黄色はスペイン、緑はオーストリア、橙はサヴォイア、深緑はブランデンブルク=プロイセン

1711年、イギリスのマールバラ公は軍資金横領が発覚して失脚し、同年にオーストリアのレオポルト1世の後を継いでいた皇帝ヨーゼフ1世が死去し、弟でスペイン国王候補であったカール大公がオーストリア大公・皇帝カール6世として即位すると、イギリスはカール6世のスペイン王位継承でハプスブルク家の大帝国が再現することを恐れ、フェリペ5世のスペイン王退位要求に消極的となった。

1712年、イギリスとフランスとの間で和平交渉が開始され、フェリペ5世は将来のフランスとスペインの一体化の懸念を払拭するために、フランス王位継承権を放棄することを宣言した。同年、散発的に続いていたオーストリアとフランスとの戦闘でフランスが勝利(ドゥナの戦い)を収めたことにより、全面的な和平の機運が高まった。これにより、スペイン王家に反逆したバレンシアとカタルーニャは反フランス同盟側から見捨てられ、フランス・スペイン軍に蹂躙された。

1713年、各国はユトレヒト条約を結び、長年に及んだ戦争を終結させた。この条約でスペインはオーストリアにスペイン領ネーデルラント、ナポリ王国、ミラノ公国を、サヴォイア公国にシチリア王国(後にサルデーニャと交換)を割譲、イギリスはジブラルタルとミノルカ島及び北アメリカのハドソン湾、アカディアを獲得し、反フランス同盟は代償としてフェリペ5世のスペイン王即位を承認した。そして翌1714年にフランス王国とオーストリアとの間でラシュタット条約が結ばれた[5]

戦争終結の同年にアンが没し、ステュアート朝は断絶、又従兄ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒがグレートブリテン王ジョージ1世として即位してハノーヴァー朝が成立すると、ホイッグ党がジョージ1世の信任を背景に復帰、対するトーリー党は王位継承問題に伴う内部分裂と、和睦交渉で大陸の同盟国を見捨てて単独交渉に走ったことが仇となり、中心人物のハーレー・シンジョンらは失脚しホイッグ党が復権、ジャコバイト蜂起も鎮圧されホイッグ党の政権は磐石となり、マールバラ公も名誉回復を果たした。1715年にルイ14世も死去して曾孫のルイ15世が即位、政権交代したイギリスとフランスは協調関係を築いていった[6]

スペイン継承戦争は、マールバラ公やオイゲンの活躍によりフランスは各地で敗戦を重ねたが、反フランス同盟は足並みの不一致から全面的な勝利を収めることができなかった。特にオランダは、フランスの軍事的な強大化を恐れる一方で、貿易立国としてフランスとの経済関係が重視されていたので、フランスを完全に敗北させることを望んでいなかった。その結果、反フランス同盟の最大の目的であったフェリペ5世のスペイン王位継承は阻止することができなかったが、この戦争で17世紀西ヨーロッパで最強を誇ったルイ14世のフランス軍のヘゲモニーは抑制され、ヨーロッパの国際関係は新時代を迎えることになった。

各戦線の攻防[編集]

ネーデルラント方面[編集]

フランス軍は、ルイ14世がマクシミリアン2世と弟のケルン選帝侯リエージュ司教ヨーゼフ・クレメンス・フォン・バイエルンと結んでいたため、簡単にオランダ侵攻が出来る最前線にまで駐屯が可能となり、ルイ・フランソワ・ド・ブーフレールが率いるフランス軍はケルン選帝侯領でオランダを伺っていた。しかし、マールバラ公はフランス軍を上回る機動力でフランス軍の補給地点を脅かしたり、マース川流域とケルン選帝侯領を占領したため、フランス軍はネーデルラントへ撤退、居場所を無くしたヨーゼフ・クレメンスはフランスへ亡命した。1703年にヴィルロワ公フランソワ・ド・ヌフヴィルがフランス軍の指揮権を引き継いだが、マールバラ公に牽制され、アントウェルペンからナミュールまでの防衛線確保に手一杯だった[7]

1704年には、ドイツでフランス・バイエルン連合軍がオーストリアに接近したとの報告を受けたマールバラ公がドイツ遠征を決意したが、前線のフランス軍を残したまま南下することを恐れたオランダに反対されることが分かっていたため、フランス軍とオランダを騙して南下するという賭けに出た。オランダにはアウウェルケルク卿ヘンドリック・ファン・ナッサウを残してバイエルンへ向かい、同じく南下したヴィルロワに対しては途中のライン川を渡河して交戦すると見せかけて牽制、400kmも進みドイツ南部でイタリアから赴任したオイゲンとバーデン辺境伯ルートヴィヒ・ヴィルヘルムと合流した。そしてドナウ川流域を占領しつつバイエルンを荒らし回り、ブレンハイムの戦いでフランス・バイエルン連合軍に大勝し、ドナウ川の脅威を取り除いてイギリスへ帰国した。この戦いの恩賞としてマールバラ公はアンからブレナム宮殿を与えられている[8]

マールバラ公は1705年にも南下を目論んだが、ドイツからクロード・ルイ・エクトル・ド・ヴィラールが妨害したためネーデルラントへ引き上げ、ネーデルラントでも戦果を上げられなかった。しかし翌1706年にヴィルロワがルイ14世の命令で東進した所を迎え討ち、ラミイの戦いで大勝、余勢を駆ってネーデルラントを占領した。1707年にフランスのイタリア方面司令官だったヴァンドーム公ルイ・ジョゼフ・ド・ブルボンがヴィルロワの代わりにネーデルラントへ向かうと戦線は停滞、1708年にルイ14世の孫でフェリペ5世の兄でもあるブルゴーニュ公ルイの指揮下に入ったヴァンドームにネーデルラント西部を占領されるが、イタリアから北上したオイゲンと合流してアウデナールデの戦いで勝利、西部を奪還して北フランスの要塞都市リールも落としてフランスに脅威を与えた(リール包囲戦[9]

1709年に和睦交渉が決裂したため、マールバラ公・オイゲンは北フランスへ進撃、ブルゴーニュ公・ヴァンドームから交代したヴィラール率いるフランス軍が構築した防衛線を崩す戦略を取り、ヴィラールは防衛線堅持の方向で迎え討った。両者はマルプラケの戦いで激突、連合軍は勝利したがフランス軍の倍の大損害を受けたため、トゥルネーモンスの陥落だけに終わった。また、長期化に伴いイギリスの厭戦気分が高まり、1710年にゴドルフィンが更迭、総選挙でホイッグ党に代わって政権を握ったハーレーとシンジョンらトーリー党政権は、和睦とマールバラ公の罷免に動き出した[10]

マールバラ公ら同盟軍は1710年から1711年にかけてフランス防衛線を徐々に崩していったが、1711年にマールバラ公はトーリー党に罷免され、後任のオーモンド公ジェームズ・バトラーはフランス外相のトルシー侯と和睦交渉していたハーレーらの命令でフランス軍と戦わず、翌1712年にシンジョンとトルシーが単独講和を結んだため、イギリス軍を引き連れて帰国した。イギリス軍の離脱で同盟軍の戦力は低下、オイゲンとアルベマール伯アーノルド・ヴァン・ケッペルは同盟軍を率いて戦争を続けたが、ドゥナの戦いで敗北してアルベマールは捕らえられ、ヴィラールが戦線を持ち直したため交戦を断念、ユトレヒト条約とラシュタット条約の締結で終戦となった[11]

ドイツ方面[編集]

フランスはドイツにも軍を送り、アルザスを拠点としてライン川流域(ラインラント)で東進を狙っていた。これに対して、バーデン辺境伯ルートヴィヒ・ヴィルヘルムが対岸でストラスブールからシュトルホーフェンに及ぶ防衛線を構築、フランス軍を待ち構えていた。1702年にヴィラールは、バイエルンで挙兵したマクシミリアン2世に呼応してライン川の渡河を決意、ライン川を南下して南岸のフリートリンゲンの戦いで皇帝軍に勝利したが、一旦ストラスブールへ引き上げ、翌1703年に再度南下してライン川を渡河、バイエルン軍に合流してオーストリアの首都ウィーンに迫る勢いだった。

しかし、方針を巡ってヴィラールとマクシミリアン2世が対立、ヴィラールはフランスへ召還され、タラール伯カミーユ・ドスタンフェルディナン・ド・マルサンがヴィラールの後任としてドイツ方面を受け持ったが、1704年にブレンハイムの戦いでマールバラ公・オイゲン率いる同盟軍に大敗して、タラールは捕虜となり、マルサンはライン川へ後退してマクシミリアン2世はネーデルラントへ亡命、ドナウ川のフランス軍は消滅してライン川戦線も劣勢になった。1705年にライン川方面軍に復帰したヴィラールはマールバラ公の南下を阻止、ライン川戦線を立て直した[12]

ヴィラールは翌1707年にルートヴィヒ・ヴィルヘルムが死去して、ライン川司令官となったバイロイト辺境伯クリスティアン・エルンストが守るシュトルホーフェンを攻撃、クリスティアン・エルンストが放棄したシュトルホーフェン防衛線を突破、バーデン・ヴュルテンベルクを略奪して回り大戦果を上げた。失態を演じたクリスティアン・エルンストは罷免され、ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートヴィヒ(後のイギリス王ジョージ1世)がライン川に向かうと、ヴィラールはアルザスへ引き上げた。

1708年、ヴィラールとライン川方面に向かったマクシミリアン2世が再度対立したため、ヴィラールは南フランスへ左遷され、スペイン方面で活躍していたベリック公ジェームズ・フィッツジェームズがスペインからライン川に転任してマクシミリアン2世の補佐を務めた後、ライン川北岸のコブレンツで兵を集めネーデルラントへ向かったオイゲンの後を追って北上、ネーデルラントでブルゴーニュ公・ヴァンドームと合流、アウデナールデの戦いで損害を受けたフランス軍の立て直しと同盟軍の迎撃に当たった。以後、ライン川戦線は進展が無いまま終戦を迎えることになる[13]

イタリア・南フランス方面[編集]

イタリアでは早くも1701年から戦闘が始まり、オイゲンを司令官とするオーストリア軍がイタリアへ向かった。対するフランスの将軍ニコラ・カティナは、北イタリアの守備を固めオーストリアに至る道路を封鎖していたが、オイゲンはヴェネツィアを通りイタリアへ進出、カルピの戦いでフランス軍を破り、戦線を西へ後退させた。カティナは降格され、ヴィルロワが司令官となったがキアーリの戦いで大損害を受け、1702年のクレモナの戦いで捕らえられるなど惨憺たる結果に終わり、ヴィルロワは解放された後はネーデルラントへ転任、カティナはライン川方面司令官を短期間務めた後に引退(後任はヴィラール)、ヴァンドームがイタリア方面を担当することになった。

オイゲンはルッザーラの戦いでヴァンドームに勝利して戦線を膠着させたが、オーストリアから援助を受けられないことと、ドイツがバイエルンの挙兵で危機に立たされたことから、1703年にオーストリアへ向かい軍事権を掌握した後に、ドイツでマールバラ公と共に戦った。オイゲン不在のオーストリア軍はグイード・フォン・シュターレンベルクが指揮を執ったがヴァンドームの前に苦戦、サヴォイアの大半を制圧された。1705年にオイゲンはイタリアへ戻ったが、ヴァンドームにカッサーノの戦いで敗北、戦局を覆せないままに終わった[14]

翌1706年、オイゲンがオーストリアへの援助を求めてウィーンに滞在して不在の隙を突いたヴァンドームにより、オーストリア軍はカルチナートの戦いで連敗、トリノがフランス軍に包囲されるまでになったが、サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世とオーストリアの将軍ヴィリッヒ・フォン・ダウンが抵抗して持ちこたえていた。オイゲンはトリノ救援に向かいイタリアを西進、フランス軍はラミイの戦いで大敗して更迭されたヴィルロワと交代してネーデルラントへ向かったヴァンドームに代わりマルサンとオルレアン公フィリップ2世が指揮官として派遣されたが、2人はオーストリア軍を迎え討つ方針を巡って対立、オイゲンは包囲軍の不備を突いてトリノの戦いで勝利、マルサンは戦死してフィリップ2世はフランスへ敗走、トリノ救援とミラノ奪還を果たした[15]

1707年にオイゲンはミラノを完全に平定、ナポリもダウンが制圧して、イタリアはオーストリアの手に入った。次にオイゲンとヴィットーリオ・アメデーオ2世はフランス南部の港湾都市トゥーロンを包囲したが、フランスの将軍テッセ伯ルネ・ド・フルーレの防衛と包囲側の不備から奪取の見込みが無くなり撤退、包囲は失敗に終わった(トゥーロン包囲戦)。その後、南フランスは一進一退となり、オイゲンは1708年にイタリアからネーデルラントへ向かい、ダウンがイタリア担当となり、ヴィットーリオ・アメデーオ2世とダウンがフランス占領下のサヴォイアに攻め入ってはヴィラールやベリックに撃退されるという状況が終戦まで繰り返されていった[16]

スペイン方面[編集]

スペインでフェリペ5世はカスティーリャ・ナバラ・バスクに支持され、カタルーニャ・アラゴン・バレンシアから反感を抱かれていたことから、スペインでも内戦が避けられなかった。同盟軍とスペイン・フランス軍の交戦は1702年8月の海戦カディスの戦いビーゴ湾の海戦など、当初は海戦が主流だったが、1703年にポルトガル・サヴォイアが同盟国に加わり、カール大公がイギリス艦隊の支援でポルトガルに上陸すると状況が一変、陸でも同盟軍とスペイン・フランス連合軍が衝突した。

ポルトガルにはイギリスの将軍ションバーグ公メイナード・ションバーグが着任していたが、1704年にゴールウェイ伯ヘンリー・デ・マシューに交代、翌1705年にはイギリス軍から遠征軍が送られ、ピーターバラ伯チャールズ・モードント第1次バルセロナ包囲戦でカタルーニャの首都バルセロナを占拠、カタルーニャにはカール大公が、バレンシアにはピーターバラが駐屯することになった。ポルトガル国境付近ではベリックが戦いを優勢に進めていたが、ジブラルタル奪回を主張したフェリペ5世とルイ14世の方針を拒否したため1704年にフランスへ召還、テッセがスペイン方面軍司令官に就任した。

1706年にフェリペ5世とテッセがバルセロナに攻めかかったが、バレンシアのピーターバラとジブラルタルのイギリス艦隊の救援で撤退(第2次バルセロナ包囲戦)、同盟軍は反撃してポルトガル・カタルーニャ・バレンシアの3方面からマドリードへ向かい、ゴールウェイはマドリードを奪いピーターバラ・カール大公と合流、フェリペ5世とベリックはマドリードを明け渡しブルゴスへ後退した。しかし、同盟軍はマドリードの住民から反感を抱かれていたことと、それぞれの連携が不十分だったことからマドリードを奪回され、戦局は遠征前の状態に戻された。戦後テッセはスペインからトゥーロン守備に回され、ベリックがスペイン・フランス軍の指揮を執ることになった[17]

1707年にゴールウェイがスペイン遠征軍の司令官となり、ピーターバラは不祥事からイギリスへ召還されることが決まり、ゴールウェイはイギリス・ポルトガル連合軍を率いて西進した。しかし、ベリックはイギリス軍より多くの軍勢を引き連れて待ち構えていたため、アルマンサの戦いで大敗した上、イタリア戦線から派遣されたオルレアン公フィリップ2世とベリックがアラゴン・バレンシアを占領して、一気にブルボン家が有利となった。1708年にベリックはライン川方面、次いでネーデルラントへ転任、同盟軍の司令官はゴールウェイからシュターレンベルクに交代、イギリス軍の指揮権はジェームズ・スタンホープに移った。同盟軍は1708年のスペインではブルボン家に押されていたが、代わりにミノルカ島を占領してジブラルタルに並ぶイギリス領に変えていった(ミノルカ島の占領)。

1709年になると、同盟国との和睦に傾いたルイ14世がスペインからフランス軍を撤退させ、1710年にスタンホープがカタルーニャから進軍してアラゴンとカタルーニャ国境付近でスペイン軍を破り(アルメナラの戦いサラゴサの戦い)、そのままマドリードを占領した。しかし、1706年の時と同じく住民の協力を得られず飢餓に苦しみ、同盟国の交渉決裂からルイ14世がヴァンドーム率いるフランス軍をスペインへ派遣、ヴァンドームにポルトガルとの連絡と補給を絶たれ、マドリードを再度放棄した。ヴァンドームは同盟軍を追跡して交戦、スタンホープはブリウエガの戦いで敗れて捕らえられ、シュターレンベルクはビリャビシオーサの戦いでヴァンドームを撤退させたが、1711年にはスペイン軍がカタルーニャを侵略して回るまでになり、カール大公の勢力圏はもはやバルセロナ周辺しか無かった。ヨーゼフ1世の死により、カール大公が皇帝に即位すべくドイツへ戻ったこともスペイン王位の挫折に繋がり、スタンホープの後を受けてイギリス軍司令官となったアーガイル公ジョン・キャンベルも本国からオーモンドと同様和平政策で同盟軍の支援を禁じられていたため、身動きが取れなかった[18]

1712年にフェリペ5世がフランス王位継承権を放棄して、イギリスとフランスが和平を結び、スペインとポルトガルのイギリス軍は解散、シュターレンベルクや残りの同盟軍も1713年に帰国、1714年にラシュタット条約が締結され、オーストリアとフランスも和睦した。ただし残されたバルセロナは、同盟国が離脱した後もスペインへの降伏を拒絶、単独でフェリペ5世と戦うことを選んだため、スペインの完全平定はベリックがフランスから派遣され、バルセロナを陥落させる1714年までかかることになる(第3次バルセロナ包囲戦[19]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ4世
フランス王
 
マリー・ド・メディシス
 
 
 
 
 
フェリペ3世
スペイン王
 
マルガリータ
 
 
 
フェルディナント2世
神聖ローマ皇帝
 
マリア・アンナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ13世
フランス王
 
アナ
 
イサベル
 
フェリペ4世
スペイン王
 
 
 
 
 
 
マリア・アナ
 
フェルディナント3世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ14世
フランス王
 
マリア・テレサ
 
フィリップ1世
オルレアン公
 
 
 
 
 
 
 
マリアナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ・ヴィルヘルム
プファルツ選帝侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェルディナント・マリア
バイエルン選帝侯
 
マリア・ルイサ
 
カルロス2世
スペイン王
 
マリアナ
 
マルガリータ・テレサ
 
レオポルト1世
神聖ローマ皇帝
 
エレオノーレ・マグダレーネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ
(グラン・ドーファン)
 
マリア・アンナ
 
マクシミリアン2世エマヌエル
バイエルン選帝侯
 
マリア・アントニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨーゼフ1世
神聖ローマ皇帝
 
カール6世
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ
ブルゴーニュ公
(プチ・ドーファン)
 
フェリペ5世
スペイン王
 
 
 
ヨーゼフ・フェルディナント
アストゥリアス公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


凡例

脚注[編集]

  1. ^ 林、P95 - P101、友清、P11 - P26、P47 - P56、マッケイ、P61 - P67。
  2. ^ 友清、P30 - P39。
  3. ^ 林、P101 - P109。友清、P56 - P70、P85 - P126、P161 - P173、マッケイ、P68 - P130。
  4. ^ 林、P109 - P111、友清、P181 - P194、P220 - P241、P249 - P263、P307 - P309、マッケイ、P137 - P164。
  5. ^ 友清、P303 - P304、P332 - P366、マッケイ、P165 - P192。
  6. ^ 友清、P367 - P394。
  7. ^ 友清、P24 - P26、P56 - P70。
  8. ^ 友清、P97 - P122、マッケイ、P94 - P110。
  9. ^ 友清、P137 - P143、P161 - P173、P206、P220 - P241、マッケイ、P137 - P151。
  10. ^ 友清、P249 - P264、P269 - P288、マッケイ、P152 - P168。
  11. ^ 友清、P309 - P314、P317 - P333、P340 - P352、P355 - P365。
  12. ^ 友清、P88 - P95、P100 - P122、P137 - P139。
  13. ^ 友清、P199 - P203、P222、P232 - P233、P266、P292、P314。
  14. ^ 友清、P85 - P88、P94 - P106、P144 - P145、マッケイ、P68 - P98、P111 - P117。
  15. ^ 友清、P161、P175 - P177、マッケイ、P123 - P128。
  16. ^ 友清、P195、P204 - P205、P244、P266、P292、P314、P353、マッケイ、P128 - P136。
  17. ^ 友清、P73 - P76、P123 - P126、P153 - P159、P177 - P180、
  18. ^ 友清、P197 - P199、P242 - P244、P267、P292 - P294、P314 - P315。
  19. ^ 友清、P353、P362 - P366。

参考文献[編集]

関連作品[編集]

ボードゲーム
  • Joseph Miranda"Marlborough",Strategy & Tactics No.238,Decision Games,2006

関連項目[編集]

外部リンク[編集]