日系スペイン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日系スペイン人
Japonés Español
日本の旗スペインの旗
総人口

7,046人~(日本国籍)[1]

居住地域
マドリッドバルセロナコリア・デル・リオ
グラン・カナリア島
言語
スペイン語日本語
宗教
キリスト教大乗仏教仏教神道
関連する民族

日本人日系アルゼンチン人日系パラグアイ人日系ボリビア人日系コロンビア人日系ペルー人日系エクアドル人日系チリ人日系ウルグアイ人日系キューバ人日系ドミニカ人日系メキシコ人日系コスタリカ人

日系スペイン人(にっけいスペインじん、スペイン語: Japonés Español)とは日本人のルーツを持つスペイン国民、及び日本に生まれスペインに移民した人々である。日本国籍保持者(外務省によると2009年時点で7,046人)に加えて、中南米出身の日系人やハポン姓などを含めると総数は1万人以上に上ると見られる。

歴史[編集]

最初のスペインへの移民は17世紀の支倉常長による慶長遣欧使節がスペイン南西の都市セビリア近辺にあるコリア・デル・リオに長期滞在したことに始まる。この町には現在、ハポンスペイン語版(Japón=日本)姓もしくはXapón姓の人が約700住んでおり、この使節団の中で日本に帰らず現地に留まり移住したキリスト教徒の日本人や使節の現地人水夫、その支援者の子孫であると言われている。ハポンの表記は、スペイン北方のガリシア州におけるガリシア語では現在もXapónである。1996年に、駐スペイン日本国大使の坂本重太郎ラジオで呼びかけ、ハポン姓を持つ650人や、使節ゆかりの東北地方の裏千家メンバーなどを集めた「ハポン・パーティー」を、セビリアで開催した[1]。1970年代以降は中南米のスペイン語圏の日系人がスペインへ移住する傾向も強くなっている。 大西洋に浮かぶカナリア諸島グラン・カナリア島は日本の遠洋漁業の基地として賑わっていたために、最盛期には数千人の日本人が定住し、日本人学校も設置されていた(2001年に閉校)が、1975年にモロッコ西サハラ西サハラ戦争英語版を開始すると、漁業は衰退した。

著名な日系スペイン人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]