テネリフェ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テネリフェ島
Tenerife
Puzzle Tenerife.jpg
座標 北緯28度19分 西経16度34分 / 北緯28.317度 西経16.567度 / 28.317; -16.567
面積 2,034 km²
最高標高 3,718 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 スペインの旗 スペイン
テンプレートを表示
テネリフェ島の位置

テネリフェ島(テネリフェとう、Tenerife)は、大西洋にあるスペインカナリア諸島に属する。面積は2,034平方キロメートル、人口は899,833人(2008年)で、共にカナリア諸島内で最大である。諸島最大の都市であり、カナリア諸島自治州の州都サンタ・クルス・デ・テネリフェが島の北東部にある。この島は元々火山島であり、スペインの最高峰テイデ山 (3,718 m) がある。

交通手段としては、テネリフェ・ノルテ空港テネリフェ・スール空港の2つの空港があり、フェリーも就航している。島内の主な公共交通としてバスが運行されているが、2007年より路面電車も開通した。

気候[編集]

1年を通して比較的温暖な気候である。そのため、ドイツ人が多く訪れるリゾート地である(空港や博物館にはドイツ語の案内が多数見られる)。

気象データ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ø 日照時間/日 5,9 6,6 7,1 7,7 8,8 9,8 10,6 9,8 8,5 6,9 5,9 5,5
大気温度 (°C) 17,9 17,9 18,6 19,0 20,4 22,2 24,3 25,0 24,3 22,8 20,6 18,7
水温 (°C) 19 18 18 18 19 20 21 22 23 23 21 20
降水量/日 5 5 5 3 1 0 0 1 1 3 5 6

歴史[編集]

15世紀まで、ヨーロッパ最古の石器文化を営むグアンチェ族(北アフリカのベルベル系の部族)が原住民として暮らしていた。

1496年、スペインのカスティーリャ王国に征服され、以降、アメリカ大陸へ横断するための重要な中継地として発展。この頃建築された王宮や教会、修道院、貴族の邸宅が世界遺産のサン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナや、オロタバなど数々の街に残っている。

ヨーロッパよりいち早く新大陸の物品や文化が入った。その時持ちこまれた物で、スペイン本土には現存しない作物や戦利品、建築様式が残り、独特の文化が根付いている。 1832年1月6日、ダーウィンが乗ったビーグル号がやってきた。しかし、コレラを恐れた当局が上陸を禁じた[1]

近代では1852年フリーポート宣言をし、関税免除の自由貿易港として栄えた。1800年代後半には豪華ホテルが建設され始め、現在のようなリゾート地になった。

主な観光地[編集]

テネリフェ島にはスペイン国内の最高峰・テイデ山を擁する

美しい自然が島じゅうにあふれており、観光地としての産業も発達している。

  • サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ - スペインが大航海時代に築いた美しい都市。ラ・ラグーナと呼ばれることが多い。世界遺産に登録されている。
  • テイデ山 - スペイン国内最高峰(3718m)。これも世界遺産に登録されている。
  • 聖体祭とサン・イシドロの巡礼 - 19世紀発祥の祭りでサン・イシドロとサンタ・マリア・デ・ラ・カベサの像を信者達が担いで行進する。路上には花が敷き詰められる。期間は2014年においては6月26日から29日まで[2]

テネリフェ島出身の著名人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パトリック・トール著、平山廉監修、南條郁子、藤丘樹実訳 『ダーウィン』 《「知の再発見」双書99》 創元社 2001年 33ページ
  2. ^ 聖体祭とサン・イシドロの巡礼”. スペイン政府観光局. 2014年6月7日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]