マカロネシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マカロネシアの島々。左上にアゾレス諸島(ポルトガル)、中央付近にマデイラ諸島(ポルトガル)とカナリア諸島(スペイン)、下のほうにカーボベルデの島々が見える。

マカロネシアMacaronesia)はヨーロッパ北アフリカに近接する大西洋の複数の島々をまとめて表す用語である。これらの島々はスペインポルトガル、あるいはカーボベルデに属している。マカロネシアという呼称はギリシャ語の「幸福な島々」を意味しており、古代ギリシアの地理学者によってジブラルタル海峡の西にあるとされる島々を指して用いられていた。

マカロネシアには大きく4つの列島がある。北から順に、

ヨーロッパ

アフリカ

マカロネシアの島々はもともとは火山であり、地学的ホットスポットによって生み出されたものと考えられている。

気候・自然[編集]

マカロネシアの島々の気候は亜熱帯から熱帯である。ポルトガル領のアゾレス諸島およびマデイラ諸島はより冷涼な気候であり、カナリア諸島カーボベルデよりも降雨量が多い。

これらの島々は独特の生物地理学的特徴を有しており、固有の植物や動物の生息域となっている。マカロネシアの島々はいずれも大陸の一部となったことはなく、そこにある動植物はいずれも海によって隔てられた長距離を渡ってきた。 ラウリシルバlaurisilva)と呼ばれる照葉樹林は、アゾレス諸島、マデイラ諸島の全域と、カナリア諸島の一部・標高400メートルから1200メートルの範囲を覆っていた(カナリア諸島東部とカーボベルデはより乾燥している)。これらの森林は氷河期による冷涼乾燥が訪れる前の、古代の地中海の海底や北西アフリカを覆っていた森林と類似している。

ラウリシルバにはクスノキ科ApolloniasOcoteaタブノキなど、リョウブ科リョウブリュウゼツラン科竜血樹モクセイ科Picconiaなどが見られ、これらは氷河期以前から生息していたことが化石より明らかになっている。

森を材木や薪のために切り出し、牧草と農業用に植物を取り払い、人類によって島の外からの動植物が持ち込まれたことによって、島々の以前からの植物を大きく置き換えてしまった。ラウリシルバは縮小し袋地となった。それによって、多くの島々の固有の生態系が深刻な被害を受けたり、絶滅したりした。

ハエトリグモであるMacaroerisはマカロネシアにちなんで名づけられている。

座標: 北緯24度15分24秒 西経22度28分16秒 / 北緯24.25667度 西経22.47111度 / 24.25667; -22.47111