エーリュシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『エリュシオンの野』(カルロス・シュヴァーベ画、1903年)

エーリュシオン古希: Ἠλύσιον, Ēlysionラテン語: Elysium)は、ギリシア神話に登場する死後の楽園である。冥界の審判官を務めるラダマンテュスが支配する世界で、神々に愛された英雄たちの魂が暮らすとされる。長母音を省略してエリュシオンとも表記される。

諸説[編集]

紀元前8世紀末のホメーロス叙事詩など古い時代の説では、エーリュシオンは世界の西の果て、オーケアノスの海流の近くにある、気候温暖で芳香に満ちたとされ、ラダマンテュスが治めているという。

一方、紀元前1世紀ウェルギリウスの『アエネーイス』など、新しい時代の説では地下にあり、ハーデースの統治下にあるとされる。死者のなかでも生前正しい行ないをした者が死後に移り住むとされる世界で白ポプラの木が茂っている。これは、レウケーが変身した物であるという。

2世紀のプトレマイオスの著書『ゲオグラフィア英語版』(Geographia、地理学)に治められている世界地図では、「至福者の島」(古典ギリシア語: μακάρων νῆσοι、現在のマカロネシア)と呼ばれており、当時世界の最西端と考えられていた。中世ヨーロッパにおいても、「幸福諸島英語版」と翻訳され、世界地図にも記載されていた。大航海時代探検家たちの探索の目的となり、近世までそれは行われた。

比較神話学においては、仏教浄土信仰に比されることがある。

関連項目[編集]