オーケアノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横たわるオーケアノス像

オーケアノス古希: Ωκεανός, Ōkeanos)は、ギリシア神話に登場する海神である。ティーターンの一族に属し、特に外洋の海流を神格化したものである。 ラテン語では、「Oceanus、オケアヌス」。日本語では長母音を省略してオケアノスとも呼ぶ。

概説[編集]

ウーラノスガイアの息子でティーターン一族の長兄に当たる。同じティーターンの女神であるテーテュースとのあいだに、数3000、すなわち無数の娘をもうけたとされる。これをオーケアニデス(大洋の娘)と言う。アポロドーロスによれば[1]アシアーステュクスエーレクトラードーリスエウリュノメーなどが大洋の娘であった。

更に テーテュースとのあいだに、3000を越える、河神の息子をもうけたとされる。

謀略を嫌う性格とされ、クロノスがウーラノスから王位を奪った時には、ティーターンの中でも、謀議に加わらなかったという。また、ティーターノマキアーの際にも、娘のステュクスに対し、いち早くゼウスに降伏するよう勧めた。

古代ギリシアの世界観[編集]

古代の世界観

ギリシア神話の世界観では、世界は円盤状になっており、大陸の周りを海が取り囲み、海流=オーケアノスがぐるぐると回っているとされた。それ故、神話においてオーケアノスの領域という言葉は、しばしば「地の果て」という意味で用いられる。

また、地上の全ての河川や泉の水は、オーケアノスの水が分かれて地下を通り、地上に現れると考えられていた。

(右の古代のアナクシマンドロスの世界観を絵にした地図で見る通り、世界は、大洋=オーケアノスが周囲を取り囲み、真ん中に、エウローパ、アシアー、リュビアーの三つの領域・大陸があることになっている)。

その他[編集]

  • 英語で大洋を意味する「ocean (オーシャン)」は、オーケアノスの名に由来する。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、一巻II-2。

関連項目[編集]