スカマンドロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカマンドロス古希: Σκάμανδρος, Skamandoros)は、ギリシア神話の神である。オーケアノステーテュースの子で[1]小アジアトローアス地方を流れるスカマンドロス河の河神である。ホメーロスによれば神々はクサントスと呼び、人間はスカマンドロスと呼ぶとされ、トロイアの人々はスカマンドロスを深く信仰したという[2]

スカマンドロスはニュムペーのイーダイアーとの間にテウクロス[3]、娘カリクロー[4]、ストリューモー[5]、グラウキアがいた[6]。テウクロスはダルダノス以前にトローアス地方を支配したとされ、カリクローはその子孫であるトロイア王トロースの妻、またストリューモーもトロイア王ラーオメドーンの妻となった。

トロイア戦争ではアキレウスがスカマンドロス河でトロイア軍を殺戮したとき、スカマンドロスは怒ってパイオニアの武将アステロパイオスに勇気を与え、アキレウスを討たせようとしたが、逆にアキレウスはアステロパイオスを討ち、さらにパイオニア勢を殺戮した。このためスカマンドロスは人の姿となって現れ、河が死体であふれていることを非難し、河の外で戦うよう言った。しかしアキレウスは聞かなかったので、大水を起してアキレウスを押し流そうとし、トロイアの兵に対しては水で覆って保護した。アキレウスは水の勢いに耐えられず神々に助けを求め、アテーナーポセイドーンがアキレウスを励ました。これによってアキレウスは河から抜け出して平野に向かったが、この大水で平野は水浸しになり、死体が浮き漂ったという。アキレウスに逃げられそうになったスカマンドロスはシモエイスに助力を求めたが、ヘーラーヘーパイストスに命じて激しい大火を起させた。これによって平野の水は乾き、死体が燃え、さらに河の水が煮えたぎったので、スカマンドロスはたまらず降参したという[7]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、345。
  2. ^ 『イーリアス』20巻、21巻。
  3. ^ アポロドーロス、3巻12・1。
  4. ^ アポロドーロス、3巻12・2。
  5. ^ アポロドーロス、3巻12・3。
  6. ^ プルタルコス『ギリシアの諸問題』41。
  7. ^ 『イーリアス』21巻。アポロドーロス、摘要(E)4・7も参照。

参考文献[編集]