テーテュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テーテュースのモザイク画

テーテュース古希: Τηθύς, Tēthȳs, : Tethys)とは、ウーラノスガイアの娘であるティーターン。また、オーケアノスの妻で、3,000人の河神の息子と、オーケアニデスと総称される3,000人の海や泉、地下水の女神の母でもある。長母音を省略してテテュスとも表記される。

彼女の住まいは、太陽の沈む世界の西の果てとされる。

また、ヘーラークロノスから匿い、育てたのもテーテュースとされる。

なお、ギリシア神話にはテーテュース(Tethys)とは別にテティス(Thetis)という名前のニュムペーが登場する。

関連事項[編集]

自然科学の分野にはテーテュース神に因む呼称があり、「テティス」「テチス」「テテュス」などと呼ばれる。

外部リンク[編集]