ギガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギガース

ギガース古希: Γίγας, Gigās)は、ギリシア神話巨人を指す言葉である。ただし、この語形は比較的稀で、複数形のギガンテス古希: Γίγαντες, Gigantes)で巨人族として言及されることが多い。日本語では長母音を省略してギガスとも呼ばれる。

概説[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によれば、ウーラノスクロノスに男性器を切り落とされた時、そこから滴り落ちた血でガイアがみごもって生まれた種族とされる。トラーキアのパレーネー半島で生まれた。

クロノスによってタルタロスの底に沈められる。しかし、ゼウスがクロノスから王座を奪う戦い「ティーターノマキアー」においてキュクロープスヘカトンケイルたちと共にゼウスに助け出され、彼を援助し、王座を彼のものとした。

しかしゼウスが勝利を得た後、ガイアが自分の子であるティーターンたちに対する処置が気に入らなかったので、子供達を助け出すために援助を求められ、巨人戦争「ギガントマキアー」が起こる。彼らは凄まじく巨大で、山脈や島々を引き裂きながら突き進み、燃え盛る巨大な樫の木や山脈などを武器にして、ゼウスらオリュムポスの神々に戦いを挑んだが、ヘーラクレースを味方につけた神々によって倒されたという。

ギガースは、古くは光り輝く鎧を着込み、槍や剣を持った人間のような姿に描かれたが、のちには上半身が人間、両脚がの姿をした怪物として描かれた。

主なギガース[編集]

ギガースの名称は、アポロドーロスヒュギーヌスツェツェースらによる文学作品のほか、ギガントマキアーの描かれたペルガモンのレリーフなど芸術作品に添えられたものも含めてカウントするとかなりの数になる。オットー・ヴァーザーde) は異称を含めて 160 近くの名をあげ[1]、古代の芸術作品上に現れるものだけ掲載している LIMC 事典は読みが疑わしいものもカウントすると 74 の名をあげている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft, Supplement band III (1918), cols. 737-59. ただし、彼はリストに「ガイアからうまれた巨人」全般を含めているようだ(アルゴストゥイストーなどもリストアップされている)。
  2. ^ Lexicon Iconographicum Mythologiae Classicae, IV/1 (1988), p. 268-69. 「適当に創作された名前も多いのだろう」としている。