ヒッポリュトス (神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローレンス・アルマ=タデマ(1836–1912)『ヒッポリュトスの死』
ジャン=バティスト・ルモワーヌ (1679–1731)『ヒッポリュトスの死』、ルーヴル美術館

ヒッポリュトス古希: Ἱππόλυτος, Hippolytos, ラテン語: Hippolytus)は、ギリシア神話の登場人物である。

アテーナイテーセウスの息子。母はアマゾーンヒッポリュテー、あるいは、メラニッペーアンティオペー

物語[編集]

ヒッポリュトスは、森の中でアルテミスと共に、狩猟をしながら生活していた。

彼の継母(父テーセウスの妻)パイドラーは彼に求愛したが、拒まれたため、彼の父でありアテネの国王のテーセウスに讒訴し(あるいは讒訴する遺書を残し)自殺した。

テーセウスはパイドラーの讒訴を真に受け、かつてポセイドーンから与えられた3つの願いを行使して、息子ヒッポリュトスを呪い死を願った。そしてその願いは聞き入れられる。

ヒッポリュトスがトロイゼーンサロニカ湾岸を戦車で走っていたとき、ポセイドーンが遣わした怪物(あるいは雄)が海から現れた。戦車を牽いていたはそれに驚き暴れ、ヒッポリュトスは戦車から落ち、暴走した馬に轢かれて死亡した。

エウリーピデースによれば、ヒッポリュトスは手綱に絡まり瀕死となりながら父テーセウスの前まで引きずられた。アルテミスが真相を話すとテーセウスは後悔してヒッポリュトスを許し、ヒッポリュトスは父の腕の中で死んだ。

アルテミスはヒッポリュトスの死を悼み、アスクレーピオスを説き伏せてヒッポリュトスを復活させた。しかし死すべき人間を復活させたことにユーピテルは激怒し、アスクレーピオスをで打ち殺した(あるいは冥界に落とした)。

ウィルビウス[編集]

ローマ神話では、復活したヒッポリュトスはユピテルの目から逃れるため、ディアーナ(アルテミスに相当するローマ神)により、ローマに近いネーミ(あるいはアリキア)にあるニンフエーゲリアの洞窟に隠された。そして老人の姿に変えられ、森のディアーナ信仰の神ウィルビウスとなった。

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
 
 
アイゲウス
 
オトレーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロゲオース
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
テーセウス
 
アンティオペー
 
ヒッポリュテー
 
ペンテシレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イードメネウス
 
トアース
 
アカマース
 
デーモポーン
 
ヒッポリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ヒッポリュトスを題材とした作品[編集]

エウリーピデースの悲劇『ヒッポリュトス