ヒッポリュテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマゾーンと戦うヘーラクレース、紀元前530 - 520年ごろのアッティカの黒絵式壺絵(ルーヴル美術館所蔵)

ヒッポリュテー古希: Ἱππολύτη, Hippolyte)は、ギリシア神話に登場するアマゾーンの女王である。長母音を省略してヒッポリュテとも表記される。ヒッポリュテーが持つアレースの帯が、ヘーラクレースの「12の功業」のうち9番目の課題の対象となった。

ヒュギーヌスでは、ヒッポリュテーはアレースとアマゾーンの女王オトレーレーの娘とされる[1]

神話[編集]

以下は主としてアポロドーロスに基づく[2]。ヒッポリュテーはテルモードーン河岸に居留するアマゾーンたちを支配していた。彼女は第一人者の徴として、アレースの帯を持っていた。

エウリュステウスの娘アドメーテーがこの帯を欲しがったため、ヘーラクレースは勇者を募り、船で小アジア黒海のほとりに向かった。このとき、イオラーオステラモーンペーレウステーセウスらがヘーラクレースに従ったという。

ヘーラクレースがテミスキューラの港に入ると、そこへヒッポリュテーがやって来て彼らの目的を尋ね、案に相違して帯を与えると約束した。これには、ヒッポリュテーがヘーラクレースを好ましく思った、またはヘーラクレースがヒッポリュテーの姉妹メラニッペーを捕虜とし、この引き渡しの交換条件として帯を要求したという説もある。この時点でヒッポリュテーはすでに帯を渡したともいう。

しかし、女神ヘーラーがアマゾーンの姿をとり、女王がかどわかされようとしていると触れ回ったため、これを聞いたアマゾーンたちが騎乗して港へかけつけてきた。武装したアマゾーンたちを見て騙されたと思ったヘーラクレースは、ヒッポリュテーを殺して帯を奪い、殺到するアマゾーンたちと戦ってこれを退けた。ヘーラクレースはティーリュンスに帰り着くと帯をエウリュステウスに渡し、エウリュステウスは娘のアドメーテーに譲った。後に、ヒッポリュテーが持っていた斧は、ヘーラクレースが奴隷として仕えたオムパレーに贈られ、リューディア紋章となった。

テーセウスとヒッポリュテー[編集]

同じくアポロドーロスの「摘要(エピトメー)」によると、ヘーラクレースのアマゾーン遠征に参加したテーセウスがひとりのアマゾーンをさらった[3][4]

さらわれたアマゾーンの名は一般にアンティオペーとされるが、メラニッペーまたはヒッポリュテーあるいはグラウケーとする説もある[5]。このため、アマゾーンの大軍がアテーナイに押し寄せ、アレースの丘に陣取った。アマゾーンたちの指揮を執ったのは、アンティオペーの姉妹のオーレイテュイアで、スキュティア人と同盟したという[6]。4ヶ月間に及ぶ激戦の結果、アテーナイが勝利した。

このアマゾーンとテーセウスとの間にヒッポリュトスが生まれた。しかし、後にテーセウスがミーノースの娘パイドラーと結婚したとき、彼女は他のアマゾーンたちとともにテーセウスを襲った。彼女はこの戦闘でテーセウスに殺された、あるいはアマゾーンたちの襲撃を知ったテーセウスの仲間が急いで扉を閉め、屋内で彼女を殺したともいう。別の説では、彼女はテーセウスの側についてアマゾーンたちと戦って死んだ、またはペンテシレイアが誤ってヒッポリュテーを殺したともされる。

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
ミーノース
 
パーシパエー
 
 
 
アイゲウス
 
オトレーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロゲオース
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
テーセウス
 
アンティオペー
 
ヒッポリュテー
 
ペンテシレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イードメネウス
 
トアース
 
アカマース
 
デーモポーン
 
ヒッポリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


イーピトスの妻[編集]

ヒュギーヌスは、ナウボロスの子イーピトスアルゴナウタイのひとり)の妻としてヒッポリュテーの名を挙げている[7]。このヒッポリュテーとアマゾーンの関係は不明である。イーピトスの子にスケディオスエピストロポスがある。二人はヘレネーへの求婚者であり、船40艘を率いてトロイア戦争に参戦した[8]。スケディオスはヘクトールに討たれた[9]

脚注[編集]

  1. ^ 『ギリシャ神話集』第30話「エウリュステウスに命じられたヘーラクレースの十二の功業」
  2. ^ ビブリオテーケー』(日本語訳『ギリシア神話』)II.5.9
  3. ^ 『ギリシア神話』E.1.16-17, E.5.1-2
  4. ^ ヒュギーヌスでは、ヘーラクレースがヒッポリュテーから女王の帯を奪い取り、そのとき捕虜にしたアンティオペーをテーセウスに譲ったとしている。
  5. ^ アポロドーロスは、「シモーニデスによれば」ヒッポリュテーであるとしている。
  6. ^ ロバート・グレーヴス『ギリシア神話』第100話「テーセウスとアマゾーンたち」
  7. ^ 『ギリシャ神話集』第97話「トロイアに出征した戦士、船の数」
  8. ^ 『イーリアス』第2歌517-526行ではポーキスから、ヒュギーヌスではアルゴスから参加したとされる。
  9. ^ 『イーリアス』第17歌304-311行

参考文献[編集]