エリュマントスの猪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘーラクレースとエリュマントスの猪。1904年、ルイス・トゥアイロン作(ベルリン、ティアパーク)
ヘーラクレースとエリュマントスの猪、紀元前550年頃作。ロンドン大英博物館

エリュマントスの猪Erymanthian Boar)は、ギリシア神話に登場する獰猛なオスの大猪アルテミスが地上に送ったとされる。

アルカディアの高地のエリュマントス山に棲み、その周辺の田畑農村を荒らして回った。そのため、農民たちに酷く怖れられていた。

ヘーラクレース第4の功業[編集]

ヘーラクレース12の功業の4番目は、猪を捕らえるというものだった。ヘーラクレースはエリュマントス山に行く途中、ポロエーにてケンタウロスポロスと出会い、歓迎された。ポロスはでヘラクレスに焼肉を勧めたが、ポロスは生肉を食べた(これは、モンゴルタタールなどの騎馬民族が生肉を好んで食べたことから来ているのであろう)。

ヘーラクレースはが欲しくなり、ポロスの所有していたディオニューソスから授かったという酒甕を無理矢理開けてしまった(あるいは開けさせた)。この酒はケンタウロス族の共有物となっていたため(一説にはヘーラクレースが来るまで開けるなとディオニューソスに命じられていたため)、勝手に飲んだことを他のケンタウロスたちが怒り、で武装してヘーラクレースを襲撃してきた。 まずアンキオスとアグリオスがポロスの洞窟に入り襲ったが、ヘーラクレースは燃え木を投げつけ、これを退けた。さらにヒュドラーの毒のついた弓矢で応戦した。ケンタウロスたちはヘーラクレースの師ケイローンのいるマレアまで逃げた。ヘーラクレースはそこまで追いかけ、ケイローンの影に隠れてうずくまっているケンタウロスたちに対して矢を射たところ、エラトスの腕を突き抜けてケイローンの膝に刺さってしまった。ヘーラクレースはケイローンに彼から手渡された薬を塗ったが、ヒュドラーの毒は不治であったために治らず、ケイローンは不死のため苦しみから逃れることが出来ず、プロメーテウスに不死性を譲ることで死んだ。

その後、ケンタウロスたちの内、エウリュティオーンはポロエーに、ネッソスはエウエーノス河に、一部はマレア山にとバラバラに逃げ、残りの者はケンタウロスたちの母であるニュムペーネペレーが大雨を降らすことによって助けられ、ポセイドーンによってエレウシース山に隠され難を逃れた。その後、大猪はヘーラクレースに雪原に追い込む罠を仕掛けられた。そして猪はヘーラクレースに首尾よく生け捕りにされてしまった。

またギリシア神話ではカリュドーンの猪も有名である(メレアグロスの項参照)。

参考文献[編集]

  • 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社、1997年、54頁。