クレータの牡牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレータの牡牛と、それを捕らえようとするヘーラクレース。
同上。

クレータの牡牛は、ギリシア神話に登場する神秘的な牡牛である。ギリシア神話の有名な怪物ミーノータウロスの誕生と関係があり、またヘーラクレースは7番目の難業としてこの牡牛を捕らえたといわれる。

神話[編集]

アポロドーロス[編集]

アポロドーロスによると、クレータの牡牛はポセイドーンクレータ島の王ミーノースの王権を保証するために海中から送った牡牛で、ミーノースは自分が王位を継承することに反対する人々を納得させるため、ポセイドーンに犠牲を捧げ、王位継承権の証として海から牡牛が現ることを願った。そこでポセイドーンは海中から美しい牡牛を送ったが、ミーノースはこの牡牛をポセイドーンに捧げると誓っていたにもかかわらず、牡牛の美しさに惹かれて自分の家畜に加え、別の牡牛をポセイドーンに捧げた。ポセイドーンは怒って牡牛を凶暴にして暴れさせ[1][2]、またミーノースの妻パーシパエーに牡牛への異常な恋を芽ばえさせた。恋に苦しんだパーシパエーが工匠ダイダロスに相談すると、ダイダロスは内部が空洞になった牝牛の木像を制作したので、パーシパエーはその中に入って思いを遂げた。その結果、パーシパエーは牡牛との間に牛頭の子ミーノータウロスを生み、ミーノースはこの奇怪な子を隠すため、ダイダロスに迷宮ラビュリントスを建設させた[3]

その後、ヘーラクレースはエウリュステウスにクレータの牡牛を捕らえることを命じられたので、ミーノースのところにやって来て協力を求めたが、ミーノースは1人でやれと言った。そこでヘーラクレースは牡牛と格闘して捕らえ、エウリュステウスのところに連れて行って見せた後、放逐した[1]

その他の説[編集]

シケリアのディオドロスによれば、ミーノースは毎年生まれた牛の中で最も良いものをポセイドーンに捧げていたが、ある年に生まれた牡牛は特に優れていたので、惜しくなったミーノースは別の劣った牡牛を捧げた。このためポセイドーンは怒って、パーシパエーを牡牛に恋させた[4]。その後、ヘーラクレースはミーノースと協力してこの牡牛を捕らえ、牡牛の背に乗って海を渡り、エウリュステウスのところに連れて行ったと述べている[5]ヒュギーヌスはパーシパエーが恋し、ヘーラクレースに退治された牡牛はアプロディーテーの牡牛だったとしている[6]。アプロディーテーはパーシパエーが自分を崇めないので、牡牛への恋を起こさせたという[7]。一方、アクーシラーオスエウローペーをさらってクレータ島に連れ去った牡牛だったとしている[8]

牡牛のその後[編集]

放たれたクレータの牡牛は、アルカディアラコーニアをさまよった後にアッティカマラトーンに行って暴れ、人々を苦しめたが[1]、後にテーセウスによって退治された[9]。テーセウスは牡牛を捕らえて父であるアテーナイアイゲウスのところに連れて行き、アイゲウスは牡牛をアポローンに犠牲として捧げたといわれる[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c アポロドーロス、2巻5・7。
  2. ^ アポロドーロス、3巻1・3~1・4。
  3. ^ アポロドーロス、3巻1・4。
  4. ^ シケリアのディオドロス、4巻77・2。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻13・4。
  6. ^ ヒュギーヌス、30。
  7. ^ ヒュギーヌス、40。
  8. ^ アポロドーロス、2巻5・7 の引用。
  9. ^ アポロドーロス、摘要(E)1・6。
  10. ^ シケリアのディオドロス、4巻59・6。

参考文献[編集]