シケリアのディオドロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シケリアのディオドロスΔιόδωρος Σικελιώτης, Diodooros Sikheliootees, ディオドロス・シケリオテス, ラテン語Diodorus Siculus, ディオドルス・シクルス, 紀元前1世紀)は、シケリア(シチリア)島で生まれた古代ギリシア歴史家である。

生涯[編集]

ディオドロスはユリウス・カエサルアウグストゥスと同時代の人物で、シケリアのアグリゲントゥムで生まれた。その後の彼の生涯は詳しくは判っていないが、『歴史叢書英語版』の記述から紀元前60年から紀元前57年にかけてエジプトを旅し、ローマにしばしば滞在し、少なくとも紀元前21年までは生きていたことが明らかである。

歴史叢書[編集]

ディオドロスは歴史書として『歴史叢書』(古代ギリシア語Βιβλιοθήκη ἱστορική, Bibliotheke Historike, ラテン語: Bibliotheca Historica)を残した。

作品は3部40巻からなり、そのうち1巻から5巻(各国の神話)、11巻から20巻(紀元前480年から302年の年代誌)が完全に伝わっており、それ以降の巻は断片的に残っているのみである。

内容的にはキュメ英語版エポロス(Ephoros, 紀元前4世紀)、カルディアヒエロニュモス(Hieronymos, 紀元前4世紀後半)を初めとする先人の歴史学者の作品の記述をつなげたもので独創性は低いとされるが、これらの先行作品がほぼ散逸してしまっているため、史料として価値が高い。

日本語訳[編集]

  • 『ディオドロス神代地誌』 飯尾都人訳編  龍渓書舎 ISBN 4844784722 (全40巻中最初の6巻のみ訳出)

ネット公開されているテキスト[編集]