エウリュステウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリュマントスの猪を生け捕って帰ってきたヘーラクレースに対し、甕の中に隠れるエウリュステウス。紀元前510年ごろ。ルーブル美術館所蔵

エウリュステウス古希: Εὐρυσθεύς, Eurystheus)は、ギリシア神話に登場するミュケーナイ及びティーリュンスの王である。彼に仕えたヘーラクレースに「12の功業」を課した。

父はペルセウスの息子ステネロス、母はペロプスの娘ニーキッペー。ヘーラクレースの母アルクメーネーはエウリュステウスの従姉妹に当たる。カール・ケレーニイによれば、エウリュステウスとは、「あまねく強者」の意である。アムピダマースの娘アンティマケーを妻とし、二人の間に娘アドメーテー、アルキュオネー、息子アレクサンドロス、イーピメドーン、エウリュピオス、メントール、ペリメーデースがある。

神話[編集]

出生[編集]

アルクメーネーが産気づいたとき、ゼウスはやがて生まれるわが子(ヘーラクレース)をミュケーナイの王位につけようと思い、「今日生まれる最初のペルセウスの後裔が全アルゴスの支配者となる」と誓言した。ゼウスの妻ヘーラーはこれに嫉妬し、出産を司る女神エイレイテュイアを遣わしてアルクメーネーの出産を遅らせ、もう1人のペルセウスの子孫でまだ7か月だったエウリュステウスを先に世に出した。

ゼウスは怒ったが、自分の誓言を覆すことはできず、誓言をすすめた女神アーテーの頭を腹立ち紛れにつかむと、天空から放り投げて追放にしたという。

ヘーラクレースの功業とエウリュステウス[編集]

ヘーラーに狂気を吹き込まれたヘーラクレースはわが子を炎に投げ込んで殺してしまい、これを悲しんだ妻メガラーも自殺した。正気に戻ったヘーラクレースは、罪を償うためにデルポイに赴き、アポローンの神託を伺った。神託は、「ミュケーナイ王エウリュステウスに仕え、十の勤めを果たせ」というものだった。その詳細はヘーラクレース#ヘーラクレースの12の功業を参照のこと。

ヘーラクレースが最初の功業でネメアーの獅子の死骸を持ち帰ったのを見て度肝を抜かれたエウリュステウスは、ヘーラクレースに命じて以後は獲物を城門の外で展示させることにした。さらにエウリュステウスは真鍮の大きな(かめ)を作らせ、ヘーラクレースが戻ってくるとこの甕のなかに逃げ込んだ[1]。ヘーラクレースに新しい課題を告げるときには、コプレウスを伝令として面と向かって話さないようにした。

10の課題のうち、「レルネーのヒュドラー退治」ではヘーラクレースがイオラーオスの助力を得たこと、「アウゲイアースの家畜小屋」ではヘーラクレースが罪滅ぼしの報酬を得ようとしたことを理由として、エウリュステウスは勘定に入れなかったため、功業は12に増えた。また、「アマゾーンの女王の腰帯」は、エウリュステウスの娘アドメーテーがアマゾーン族の女王ヒッポリュテーが持つ帯を欲しがったために命じたという。

「アウゲイアースの家畜小屋」の功業で、報酬の約束を果たさなかったアウゲイアースへの報復のため、ヘーラクレースがエーリスを征服してティーリュンスに帰還すると、エウリュステウスはヘーラクレースが大王の位を狙っていると非難し、アルゴスから追放した。

アテーナイとの戦い、死[編集]

ヘーラクレースの死後、その子供たち(ヘーラクレイダイ)がミュケーナイの王位を望むことを恐れたエウリュステウスは、彼らを殺そうとして追い回した。ヘーラクレースの母アルクメーネーと息子のヒュロスらは、はじめトラーキースのケーユクスのもとにいたが、ケーユクスはエウリュステウスに脅されて彼らを保護しきれなくなった。放浪の末、アルクメーネーたちはアテーナイテーセウスに助けられた[2]

エウリュステウスはヒュロスらの身の受け渡しを要求してアテーナイと戦いとなった。ヘーラクレースの子供の一人が死ななければアテーナイは敗れるという神託のため、ヘーラクレースの娘マカリアーはマラトーンで自殺した[3]。この戦いはアテーナイの勝利となり、エウリュステウスの息子たちはみな討ち取られた。エウリュステウス自身は戦車に乗って逃げたが、ヒュロスに捕えられて殺された[4]。ヒュロスはエウリュステウスの首を斬ってアルクメーネーに渡し、アルクメーネーはその両目を機織りの針でえぐり出した。

エウリュステウスの死後、ミュケーナイの王位はアトレウスが継いだ。

系図[編集]

アクリシオス
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
カッシオペイア
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーレクトリュオーン
 
アルカイオス
 
ステネロス
 
ゴルゴポネー
 
オイバロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルクメーネー
 
アムピトリュオーン
 
エウリュステウス
 
テュンダレオース
 
レーダー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
イーピクレース
 
カストール
 
クリュタイムネーストラー
 
ポリュデウケース
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュロス
 
イオラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
タンタロス
 
オイノマオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
ペロプス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
 
 
 
 
クリューシッポス
 
ピッテウス
 
テュエステース
 
ニーキッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
クリュタイムネーストラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アイトラー
 
アイギストス
 
エウリュステウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレステース
 
イーピゲネイア
 
エーレクトラー
 
ヘルミオネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 


脚注[編集]

  1. ^ 甕の中に入ったエウリュステウスの画像について、ロバート・グレーヴスは、ミュケーナイの王は毎年1度死を装い、1日だけ身代わりが王位につき、その後再び姿を現す儀式を示していると解釈している。
  2. ^ エウリピデースの『ヘラクレスの子供たち』では、ヘーラクレイダイを受け入れたのはテーセウスからアテーナイの王位を譲られたデーモポーンになっている。
  3. ^ マカリアーの泉は、彼女の名をとったものである。
  4. ^ エウリピデースでは、エウリュステウスを捕らえたのはイオラーオス(ヘーラクレースの甥)であり、彼は老人だったが、ゼウスヘーベーに祈って1日だけ若さを与えられたという。また別の説では、イオラーオスはすでに死んでいて、墓からよみがえってエウリュステウスを成敗し、再び死に赴いたともいう。

参考図書[編集]