デーイアネイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グイド・レーニによる『デイアネイラの誘拐』1620–21年

デーイアネイラギリシア語Δηϊάνειρα / Δῃάνειρα, Deianeira; ラテン語形:Deianira [デーイアニーラ], Dejanira [デーイヤニーラ])は、ギリシア神話に登場する女性である。「(汝の)夫を殺めし者」の意で、長母音を省略してデイアネイラとも表記される。

父はアイトーリアカリュドーンオイネウス(一説にはディオニューソス[1])、母はカリュドーン王妃アルタイアーで、兄にメレアグロス、姉にほろほろ鳥に変身したメラニッペーがいる。

生涯[編集]

ディオニューソスの寵愛を受けるオイネウス王と妃アルタイアーの間にカリュドーンの王女として生を受けた。

少女期に河神アケローオスから求愛されるが、父オイネウスの意向で婿候補になったヘーラクレースとアケローオスとが争いとなり、この抗争に勝利したヘーラクレースの下に嫁ぎ、三番目の妻となった。ヘーラクレースとの間に嫡子ヒュロスをもうけた。

家族でエウエーノス川を渡河するさい、渡し守をしていたケンタウロスネッソスに襲われかけたが、ヘーラクレースの放った毒矢に救われた。

その後、ヘーラクレースが捕虜としてかねて求愛していた王女イオレーに横恋慕したと聞き[2]トゥニカ(肌着)にネッソスの血を塗ってリカースに持たせた。ネッソスは死の間際、デーイアネイラに、自分の血液は媚薬であると嘘をついていた。デーイアネイラはこの虚言に乗せられた[3]。結果、ネッソス血の毒によってヘーラクレースは重態に陥り、その顛末を聞いたデーイアネイラは首をくくって自殺した。

こうした経緯からデーイアネイラは「ヘーラクレースの死の原因をなした人物」と評される[4]

系図[編集]

 
 
デウカリオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
レーダー
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
メレアグロス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
エリピューレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
 
 
 
 
 
 
ヒュロス
 
 
ヘレネー
 
 
アルクマイオーン
 
アムピロコス
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻8・1。
  2. ^ 世界神話事典・225頁
  3. ^ 世界神話事典・225頁
  4. ^ 世界神話事典・225頁

参考文献[編集]