アゲーノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アゲーノール古希: Ἀγήνωρ, Agēnōr) は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアゲノルとも表記される。同名の人物が複数知られ、その主なものは、

であるが、他にも多くの人物がいる。

アルゴス王[編集]

このアゲーノールは、アルゴスの古王伝説に登場する。しかし様々な系譜伝説があって一致しない。

アゲーノールは名祖アルゴスの子エクバソスの子で百眼巨人アルゴスの父である。またイーオーの父イーアソスの祖父である[1]。あるいは名祖アルゴスとエウアドネーの子ポルバースの子トリオパースの子で、イーオーの父イーアソスと兄弟、クロートポスの父[2]。あるいはアルゴスとエウアドネーの子ピラントスの子トリオパースの子で、エウリサベー、アントス、ペラスゴスと兄弟、異母兄弟にクサントスとイーアソスがおり、名祖アルゴスの父であるという[3]

フェニキア王[編集]

このアゲーノールは、エジプトエパポスの娘リビュエーポセイドーンの子で、ベーロスと双子の兄弟。アゲーノールはフェニキアのテュロスの王で、テーレパッサ、アルギオペー、あるいはベーロスの娘アンティオペーとの間に、カドモスキリクスポイニクスタソスエウローペーをもうけた。

エウローペーがゼウスにさらわれたとき、アゲーノールは息子たちに捜索させ、発見するまで帰るなと命じた。そのため彼らは発見できなかったとき、カドモスはボイオーティアに、キリクスはキリキアに、ポイニクスはフェニキアに、タソスはタソス島に移住した[4]


リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
ハルモニアー
 
エウローペー
 
アタマース
 
テミストー
 
キューレーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
イーノー
 
セメレー
 
アガウエー
 
アウトノエー
 
アリスタイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
 
 
ディオニューソス
 
ペンテウス
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
イオカステー
 
 
メノイケウス
 
オクラソス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オイディプース
 
 
 
 
 
 
クレオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
ポリュネイケース
 
アンティゴネー
 
イスメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオダマース
 
テルサンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



プレウローンの子[編集]

このアゲーノールは、アイトーロスの子プレウローンとドーロスの娘クサンティッペーの子で、ステロペー、ストラトニーケー、ラーオポンテーと兄弟。カリュドーンの娘エピカステーとの間にポルターオーン、デーモニーケーをもうけた。デーモニーケーはアレースとの間にエウエーノス、モーロス、ピュロス、テスティオスを生んだ[5]。しかしテスティオスはアゲーノールの子という説もある[6]

 
 
 
 
デウカリオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
デーモニーケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
 
 
 
 
レーダー
 
ヒュペルムネーストラー
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
メレアグロス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
ヘレネー
 
アムピアラーオス
 
エリピューレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルクマイオーン
 
アムピロコス
 
 
 
 


ペーゲウスの子[編集]

このアゲーノールは、アルカディアのプソーピス王ペーゲウスの子で、プロノオス、アルシノエーと兄弟。ペーゲウスの命によってアルシノエーの夫アルクマイオーンを殺し、それを非難したアルシノエーをアルクマイオーンの殺害の犯人としてアルカディア王アガペーノールに売り渡した。しかしアゲーノールとプロノオスはアルクマイオーンの別の妻の子アムポテロス、アカルナーンに殺された[7]

アンテーノールの子[編集]

このアゲーノールは、トロイアの老臣アンテーノールテアーノーの子で、イーピダマースアルケロコスアカマースエウリュマコスヘリカーオーン、ポリュダマース、コオーンラーオダマースラーオドコス、デーモレオーン、ヒッポロコスポリュボスグラウコスと兄弟。

トロイア戦争ではトロイア軍における武将として勇戦した。アゲーノールはエウボイア島の武将エレペーノールを討ち、ギリシア軍の防壁を攻撃したときには第2部隊を指揮、アイネイアースの義兄アルカトオスの遺体を守って戦い、メネラーオスに傷つけられたヘレノスを応急手当し、また大アイアースに気絶させられたヘクトールを守って戦った。アポローンアイギスをかざしてギリシア軍を混乱させたさいにはクロニオスを討った。

アキレウスが復帰してトロイア軍を敗走させたとき、その他の兵同様にイーリオスに向かって逃げるか、それともイーデー山に逃げて夜になってからイリオスに帰るか悩んだ。しかしアポローンが勇気を授けると、どちらも俊足のアキレウスに追いつかれる可能性を考えて、むしろ堂々と挑みかかることを選択した。しかしアゲーノールの攻撃がヘーパイストスの鍛えた防具に阻まれると、アポローンはアゲーノールを戦場から救い出し、代わりに自らアゲーノールの姿に変じてアキレウスを誘い出し、トロイア軍の退却を助けた[8]

アゲノールはその後も戦い続けたが、トロイア落城のさいにネオプトレモスに討たれたという。

その他のアゲーノール[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・2。
  2. ^ パウサニアス、2巻16・1。
  3. ^ ヒュギーヌス、145、275。
  4. ^ アポロドーロス、3巻1・1。アポロドーロスはタソスの父をポセイドーンとする。
  5. ^ アポロドーロス、1巻7・7。
  6. ^ サモスのアシオス(パウサニアス引用、3巻13・8)。
  7. ^ アポロドーロス、3巻7・5~7・6。
  8. ^ 『イーリアス』4巻、12巻、13巻、14巻、15巻、21巻。
  9. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  10. ^ アポロドーロス、3巻5・6。
  11. ^ ヒュギーヌス、64。普通、アンドロメダーの求婚者はピーネウス。
  12. ^ アポロドーロス、1巻9・21。
  13. ^ パウサニアス、7巻18・2。
  14. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・27。同7・29にも同じ人名が見られるが同箇所の繰り返しらしい。

参考文献[編集]