ニオベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニオベー古希: Νιόβη, Niobē)は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してニオベとも表記される。父はゼウスの子タンタロス、母はディオーネー。ゼウスとアンティオペーの息子であるテーバイアムピーオーンの妃。

ゼウスの血を引く男児7人女児7人の多子を自慢したため女神レートーの怒りを買い、アポローンアルテミスに子を全員殺された。嘆き悲しむニオベーの涙はとまらず、ゼウスに願い自身を石に変えた(変えられたなど諸説あり)。または、子殺しを後悔したレートーがニオベーを哀れみ石に変えたともいわれる。しかし石になっても泣き止む事はなかったという。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュリエウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
 
 
 
ニュクテウス
 
ポリュクソー
 
リュコス
 
ディルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
アンティオペー
 
 
 
 
 
タンタロス
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
 
 
ゼートス
 
アムピーオーン
 
ニオベー
 
ペロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クローリス
 
ネーレウス
 
 
 
 
 
 


関連項目[編集]