ネーレウス (ギリシア神話の英雄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネーレウス古希: Νηλεύς, Nēleus)は、ギリシア神話に登場する英雄である。ギリシア神話の神ネーレウスとは綴りが違う。長母音を省略してネレウスとも表記される。

ポセイドーンサルモーネウスの娘テューローの息子で、ペリアースとは双子の兄弟。オルコメノスイーアソスの子アンピーオーンの娘クローリスを娶り、12人の息子タウロス、アステリオス、ピュラーオン、デーイマコス、エウリュビオス、エピラーオス、プラシオス、エウリュメネース、エウアゴラース、アラストール、ペリクリュメノスネストールと、娘のペーローをもうけた。にも劣らぬ知恵を持っていたとされる。ピュロスの建設者。

ペリアースとネーレウスの双子の兄弟は、生まれるとすぐ捨て子にされた。そこへ通りかかった馬飼いに養育されて二人は成長した。拾われるときに馬の蹄であざ(ペリオン)のつけられてしまったほうがペリアースと名づけられ、他方がネーレウスと名づけられたという。

成長して後、二人は争うようになった。ネーレウスはメッセニア地方に来て、ピュロスを建設した。

ネーレウスはクローリスを娶り、ネストールやペリクリュメノスなど12人の息子と娘のペーローをもうけたが、ヘーラクレースと敵対していた友との友情のためにヘーラクレースの願いをはねつけたため、ネストール以外の11人の息子をヘーラクレースに殺されてしまった。ネストールだけはまだ幼く、ゲレーニアーで育てられていたために無事だった。この時ネーレウスもヘーラクレースに殺されたとする説と、そうではなく、コリントスにて世を去り葬られたという説がある。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
クレーテウス
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューロー
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
 
タラオス
 
アバース
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
 
 
 
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス