ペーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペーロー古希: Πηρώ, Pērō)は、ギリシア神話の女性。長母音を省略してペロとも表記される。


ペーローΠηρώ, Pērō)は、ギリシア神話の女性である。ピュロスの王ネーレウスとクローリスの娘。ペリクリュメノスネストールなど多くの兄弟がいたが、ヘーラクレースとの戦争でネストールを除いた全員が戦死した[2]

ペーローの美しさは有名で、多くの求婚者がいたため、ネーレウスはピュラコスの牝牛の群を持ってきた者に娘を与えるとした。予言者メラムプースはこの難題を兄弟のビアースのために果たしたので、ペーローはビアースの妻となり[3]タラオス、アレイオス、ラーオドコスの母となった[4]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
クレーテウス
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューロー
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
 
タラオス
 
アバース
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
 
 
 
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アクーシラーオス(アポロドーロス引用、3巻12・6)。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・9。
  3. ^ アポロドーロス、1巻9・12、9・13。他『オデュッセイア』11巻、15巻なども参照。
  4. ^ ロドスのアポローニオス、1巻118~120。

参考文献[編集]