テューロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テューロー古希: Τυρώ, Tȳrō)は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してテュロとも表記される。サルモーネウスとアルキディケーの娘。海神ポセイドーンとの間に双生児ペリアースネーレウスを、クレーテウスとの間にアイソーンアミュターオーンペレースを、またシーシュポスとの間に2子を生んだとされる。

はじめテューローはクレーテウスに養育されたが、河神エニーペウスに恋し、川に赴いては恋心を訴えた。ところがテューローに恋したポセイドーンはエニーペウスに化け、テューローを抱いた。この結果、テューローは身ごもってペリアースとネーレウスを生んだ。テューローは生まれた赤子を2人とも捨ててしまったが、2人は馬飼いに拾われて育てられた。

また彼女はシーシュポスとの間に2子を生んだ。シーシュポスは父サルモーネウスと仲が悪く、サルモーネウスを殺そうと考えてテューローに近づいた。というのはテューローの生んだ子供がサルモーネウスを殺してくれると神託が告げたからであった。しかしそれを知ったテューローは子供を殺したという[1]

サルモーネウスは後妻にシデーローを娶ったが、テューローはシデーローにひどい虐待を受けた。しかし成人したペリアースとネーレウスがやって来て、シデーローを殺して母を救った。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
 
 
 
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
テューロー
 
クレーテウス
 
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
 
 
 
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
ビアース
 
アバース
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
 
 
 
 



脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス、60、239、254

参考文献[編集]