ネストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネストール古希: Νέστωρ, Nestōr)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してネストルとも表記される。メッセーネーの都市ピュロスの王で、トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の一人。

ネーレウスクローリスの子で、タウロス、アステリオス、ピュラーオーン、デーイマコス、エウリュビオス、エピラーオス、ブラシオス、エウリュメネース、エウアゴラース、アラストール、ペリクリュメノスペーローと兄弟。クリュメノスの娘エウリュディケー[1]、あるいはクラティエウスの娘アナクシビアーを妻とし、ペルセウス、ストラティコス、アレートス、エケプローン、ペイシストラトスアンティロコストラシュメーデースペイシディケー、ポリュカステーをもうけた[2]

ネストールは神の好意で人間の3倍の寿命を与えられたといわれる[3]。ネストールはラピテース族ケンタウロスの戦いや[4]、一説にアルゴナウタイカリュドーンの猪狩りにも参加し[5]、トロイア戦争でも高齢にかかわらず参加した。『イーリアス』におけるネストールはしばしば自分の自慢話を語って聞かせる老将で、高齢のために戦士として戦うことはなかったが軍の指揮者の1人であり、弁舌においてはオデュッセウスと肩を並べ、献策においては常にアガメムノーンの信頼を得ており、ギリシア軍のあらゆる武将から敬意を持って遇された。

神話[編集]

青年時代[編集]

ネストールには多くの兄弟がいたが、ヘーラクレースとの戦争でみな殺された。このときネストールは幼く、ゲレーニアで育てられていたため無事だった[6]。これにちなんで『イーリアス』では頻繁に「ゲレーニア育ちの」ネストールと呼ばれている。一説にネストールはこのときにピュロスからゲレーニアに亡命したという[7]。またネストールはトロイアで育ったという奇説もある[8]

ヘーラクレースとの戦争で国力が著しく低下したピュロスは、エーリスの横暴に長年苦しめられた。しかしエーリスがピュロスから多くの牛を奪ったとき、ネストールはイテュモネウスを殺して牛を奪い返した。エーリスはこれに怒って大軍を差し向けた。父ネーレウスはネストールがまだ若かったため、戦争に出られないようにネストールの馬を隠した。しかしネストールは密かに歩兵に混じって戦に参加し、ムリオス(アウゲイアースの娘アガメーデーの夫)を殺して戦車を奪った。さらにモリオネを倒そうとしたがポセイドーンに阻止しされた。エーリスの王の一人アマリュンケウスの葬礼競技では、戦車競走でモリオネに勝利を奪われたが、そのほかの競技で勝利を独占した。またアルカディアとの戦いでは敵将エレウタリオーンを討った[9]

トロイア戦争[編集]

トロイア戦争では、息子のアンティロコス、トラシュメーデースとともにピュロスの軍勢70隻を率いて参加した[10]アキレウスがテネドスを陥れたときには戦利品としてアルシノオスの娘ヘカメーデーを得た。彼は全軍の配置を各都市ごとに分けて連携して戦うことを勧め、防壁の建造を発案した。アガメムノーンにアキレウスとの和解を提案し、和解が決裂した夜にはトロイア軍の偵察を勧めた。また傷ついたマカーオーンを戦場から運び出し、様子を見にやってきたパトロクロスにアキレウスの鎧をまとってミュルミドーン勢を率いて戦うよう説いた[11]。後にネストールはパリスの矢で馬を殺されて戦場で動けなくなり、メムノーンに殺されそうになった。ネストールはアンティロコスに助けを呼び、アンティロコスは父をかばって殺された[12]木馬作戦の際には自分も木馬に乗り込もうとしたが止められ、アガメムノーンとともに残った軍を率いてテネドスまで引き上げて、待機した[13]

戦後、アガメムノーンはアテーナーの怒りが収まるまで出航を見合わせたが、ネストール、ディオメーデースメネラーオス、オデュッセウスらはすぐに出航し、テネドスに向かった(しかしオデュッセウスは途中でトロイアに引き返した)。ネストールはさらにテネドスを後にし、エーゲ海を横断してエウボイア島に着き、無事にピュロスに帰還した。後にネストールは海岸でポセイドーンを祭祀しているときにオデュッセウスの子テーレマコスの訪問を受け、オデュッセウスや他の武将の消息について知っていることを話し、またペイシストラトスにテーレマコスをスパルタのメネラーオスのところへ案内させた[14]

系図[編集]


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
 
 
 
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
テューロー
 
クレーテウス
 
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
 
 
 
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
ビアース
 
アバース
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
 
 
 
 



脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』3巻452。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・9。
  3. ^ ヒュギーヌス、10。
  4. ^ 『イーリアス』1巻、オウィディウス変身物語』12巻。
  5. ^ クイントゥス、12巻。オウィデウス『変身物語』8巻。
  6. ^ アポロドーロス、1巻9・9。
  7. ^ パウサニアス、3巻26・8。
  8. ^ ヒュギーヌス、10。他252、273も参照。
  9. ^ 『イーリアス』11巻。23巻。4巻、7巻。
  10. ^ 『イーリアス』2巻。アポロドーロス、E(摘要)3・12では40隻。
  11. ^ 『イーリアス』、11巻、7巻、9巻、10巻、11巻。
  12. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第6歌28~39。クイントゥス、2巻。
  13. ^ クイントゥス、12巻。
  14. ^ 『オデュッセイア』、3巻。

参考文献[編集]

関連項目[編集]