ニーレウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニーレウス古希: Νιρεύς, Nīreus)は、ギリシア神話の人物。長母音を省略してニレウスとも表記される。


ニーレウスΝιρεύς, Nīreus)は、ギリシア神話の人物である。シューメー島の王カロポスとニュムペーのアグライエーの子[2]ヘレネーの求婚者の1人で[3]トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人。

ニーレウスはトロイア戦争にシューメー島の軍勢3隻を率いて参加した。出兵した武将の中ではアキレウス以外で一番の美男子だったが、武勇の点では他の武将に劣っていたという[4]。ギリシア軍がミューシアに上陸し、トロイアと勘違いしてテーレポス王と戦ったとき、ニーレウスはテーレポスの美しい妻ヒエラーを討ったが[5]、トロイア戦争ではテーレポスの子エウリュピュロスに討たれた[6]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  2. ^ 『イーリアス』2巻。スミュルナのコイントス、6巻など。
  3. ^ ヒュギーヌス、81。
  4. ^ 『イーリアス』2巻。アポロドーロス、摘要(E)3・13。
      ヒュギーヌス、97では16隻。
  5. ^ ピロストラトス『ヘーローイコス』。
  6. ^ スミュルナのコイントス、6巻。

参考文献[編集]