アガメムノーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アガメムノーンの黄金の仮面。実際にはアガメムノーンの時代より3世紀も昔のものだった
アガメムノーンの帰還
アガメムノーンの死

アガメムノーン古代ギリシャ語: ἈγαμέμνωνAgamemnōn)は、ギリシア神話の英雄である。長母音を省略してアガメムノンとも表記される。

アガメムノーンはミュケーナイの王であり、トロイア戦争におけるギリシア軍の総大将である。父はアトレウス。弟にメネラーオス。妻にクリュタイムネーストラー。息子にオレステース。娘にイーピゲネイア及びエーレクトラー

人物[編集]

傲慢で非情、所有欲の強い男であったといわれる。父の死後にミュケーナイ王となり、全ギリシアをまとめあげた。絶世の美女とされるヘレネー双子の異父姉であるクリュタイムネーストラーを、夫でありいとこのタンタロスを殺して奪った。彼女との間に3人の子供をもうけた。

弟メネラーオス(スパルタ王)の妻ヘレネーが、小アジアに位置するトロイアの王子パリスに連れ去られたことへの怒り、及び掟を破り他者の妻を奪ったパリスへの報復のため、全ギリシアから志願者を募ってトロイアに戦争を仕掛けることになる。出征時に逆風が吹いたため船出ができなくなると、娘イーピゲネイアを女神アルテミス生贄として捧げれば解決するとの予言をうけ、苦悩の果てに娘を殺害してトロイアへ向かった。この非情の決断はクリュタイムネーストラーの憎悪を買ったのみならず、イーピゲネイアを呼び寄せる口実にアキレウスとの見合いを使ったことから彼との関係も悪化してしまった。

イーリアス』第一歌ではアキレウスと衝突し、陣営に危機を作る。

戦勝後、トロイア王女カッサンドラーを己の愛妾として帰還するが、イーピゲネイアの死を遺恨に思う妻クリュタイムネーストラーとその情夫アイギストスに暗殺される。 この事情は悲劇作家アイスキュロスオレステイア三部作の一つ『アガメムノーン』に詳しい。

アガメムノーンはギリシア方の王たちを率いて戦ったためローマの時代には「王の中の王」と呼ばれ、皇帝の比喩とみなされていた。

系図[編集]


 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
タンタロス
 
オイノマオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
ペロプス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
 
 
 
 
クリューシッポス
 
ピッテウス
 
テュエステース
 
ニーキッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
クリュタイムネーストラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アイトラー
 
アイギストス
 
エウリュステウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレステース
 
イーピゲネイア
 
エーレクトラー
 
ヘルミオネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 



日本語訳[編集]

  • 村松正俊
    • 『アイスキュロス アガメムノン』 近代社、1925年(『波斯人』『コエーポロイ』『エウメニデス』『縛られたプロメーテウスを収録)
  • 田中秀央内山敬二郎
    • 『アイスキュロス 悲壯劇』 生活社、1943年
  • 呉茂一訳 
    • 『アガメムノン』 岩波文庫、1951年
    • 『アイスキュロス アガメムノーン』 ちくま文庫「ギリシア悲劇.1 アイスキュロス」、1986年
       元版 「世界古典文学全集.第8巻 アイスキュロス・ソポクレス」、筑摩書房ほか多数。  
    • 『アガメムノーン』 筑摩書房、1975年-特装本
  • 久保正彰訳 
    • 『アイスキュロス アガメムノーン』 岩波文庫、1998年
       初版、「ギリシア悲劇全集.1 アイスキュロス」 岩波書店、1990年
  • 中村善也訳 

関連項目[編集]