アイスキュロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスキュロス

アイスキュロスΑισχύλος, Aischylos, 紀元前525年 - 紀元前456年)は、古代アテナイ三大悲劇詩人のひとりであり、アッティカ悲劇の確立者。代表作はオレスティア三部作

概要[編集]

アテナイ郊外のエレウシスで、貴族階級に属する地主エウリポリオーンの子として生まれた。エレウシスはデメテルの秘儀で有名で、後にアイスキュロスがこの秘密を漏らしたとして誅殺されかけたという伝承がある。その生涯について伝えられていることはあまり多くないが、マラトンの戦いサラミスの海戦に従軍したことはよく知られている。マラトンの戦いについては、彼がこの戦いに参加したことを生涯の誇りにしていたことが、以下の墓碑銘からもわかる。兄のキュネゲイロスはこの戦いで没した。

ギリシャ語 日本語
Αἰσχύλον Εὐφορίωνος Ἀθηναῖον τόδε κεύθει
μνῆμα καταφθίμενον πυροφόροιο Γέλας·
ἀλκὴν δ' εὐδόκιμον Μαραθώνιον ἄλσος ἂν εἴποι
καὶ βαθυχαιτήεις Μῆδος ἐπιστάμενος[1]
これはアテナーイ人、エウポリオーンが子アイスキュロスの
墓、豊かなる実り多きゲラの地に朽ちぬ。
この人のいさおしの証は誉れ高きマラトーンの聖なる地、
またこれをためした長い髪のメーディア人。[2]

サラミスの海戦については、自作『ペルシア人』にて見事に描かれている。この作品は紀元前472年ディオニュシア祭において初演されたが、紀元前470年頃にアイスキュロスが訪れたシラクサのヒエロン1世の宮殿でも再演されている。それからアテナイに戻り、『テーバイ攻めの七将』『オレステイア』などを上演したのち、再びシチリア島へ渡って同島のゲラで没した。カメを岩へ落として食べるヒゲワシに、頭を岩と間違えられカメを落とされたという伝説的な死因が伝わっている。

二十代から作劇を始め、紀元前484年に初の優勝を得てからは、ディオニュシア祭で開催された劇大会で合計13回優勝した。これを伝えられている彼の作品の数と悲劇上演の例で律すれば、五割を超える非常に高い優勝率を誇ったことになる。[3]様式面では、それまでの悲劇が1人の俳優とコロスの掛け合いで進めていたのに対して俳優を2人とする改革を行ったこと、現存する唯一の同時代の事件を扱った作品(『ペルシア人』)を書いていることが知られる。作風については三部作構成を好んで用いたこと、アリストファネスにも揶揄された大言壮語とも言える大胆な比喩と荘重な詩句、ゼウスの正義の称揚が特徴的である。

アイスキュロスの一族もまた作家として有名になった。息子のエウリポリオーンはソフォクレスエウリピデスを破ってディオニュシア祭での優勝を果たし、甥のピロクレスもソフォクレスを破っている。

現存する作品[編集]

アイスキュロスは90篇の作品を遺したと伝えられているが、うち、約90篇の題名が知られている。作品が完全な形で現存しているのは、以下の7篇のみである。

主な邦訳文献[編集]

  • 『ギリシア悲劇(1)アイスキュロス』 筑摩書房ちくま文庫〉、初版1985年、ISBN 448002011X-下記は旧版
    • 『世界古典文学全集(8) アイスキュロス・ソポクレス』 筑摩書房、初版1964年/復刊2005年、ISBN 4480203087
    • 『筑摩世界文学大系(4) ギリシア・ローマ劇集』 筑摩書房、復刊2000年、ISBN 4480206043
  • 『ギリシア悲劇全集』 岩波書店

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Anthologiae Graecae Appendix, vol. 3, Epigramma sepulcrale|page=17p
  2. ^ 高津 106P
  3. ^ 呉茂一編『世界文学大系』筑摩書房 1959年

参考文献[編集]

関連項目[編集]