コロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コロス古代ギリシャ語: χορός, koros: chorus)は、古代ギリシア劇合唱隊のこと。ギリシア悲劇の中のディテュランボスおよびtragikon dramaから発生したと信じられている。コロスは観客に対して、観賞の助けとなる劇の背景や要約を伝え、劇のテーマについて注釈し、観客がどう劇に反応するのが理想的かを教える。また、劇によっては一般大衆の代わりをすることもある。多くの古代ギリシア劇の中で、コロスは主要登場人物が劇中語れなかったこと(たとえば恐怖、秘密とか)を登場人物に代わって代弁する。コロスは通常、の形式を採るが、時にはユニゾンで詩を朗読する場合もある。

コロスは、悲劇・喜劇が抒情詩作品だった時期の古代ギリシア劇で、重要かつ主要な構成要素だった。とくに、アイスキュロスが複数の俳優を使いだす以前は、たった一人しかいなかった俳優に対する重要な相手役だった.[1][2]。その重要性が減少していったのは紀元前5世紀以降で、コロスは劇の動きから切り離されはじめる。後の時代の劇作家、たとえばソポクレスなどは、以前の作家ほどコロスに依存しなくなった。ソポクレスのテーバイ三部作の中で、コロスは全知の解説者の役割を果たし、しばしば物語の教訓性を補強した。コロスは「解説者」と「登場人物」の中間に位置するようになり、登場人物である時は、他の登場人物たちに彼らが必要とする洞察を与えた。

コロスには、1〜3人の俳優で演じられる劇を説明して助ける役割があった。古代ギリシアの円形劇場はとても大きかったので、遠くの観客にもわかるよう動きは誇張され、また発声もはっきり聞き取れるようにした。技術的には、シンクロニゼーション(同期性)、エコー、波紋、身体表現を駆使し、仮面をつけていた。

関連項目[編集]

ノート[編集]

  1. ^ Haigh, 1898, p. 319
  2. ^ Kitto, 2002, pp. 22, 27

参考文献[編集]

  • Green, J.R. (1994), Theatre in Ancient Greek Society, Routledge, ISBN 0415143594 .
  • Haigh, Arthur Elam (1898), The Attic Theatre: A Description Of The Stage And Theatre Of The Athenians And Of The Dramatic Performances At Athens, The Clarendon Press .
  • Kitto, H. D. Findley (2002), Greek Tragedy: A Literary Study, Routledge, ISBN 0415289645 .
  • Wilson, Peter (2003), The Athenian Institution of the Khoregia: The Chorus, the City and the Stage, Cambridge University Press, ISBN 0521542138 .
  • Watt, Lauchlan Maclean (1908), Attic and Elizabethan Tragedy, London: J.M. Dent & Sons, pp. 13-17 .