オレステイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オレステイアThe Oresteia)は、古代ギリシア悲劇作家アイスキュロスの書いたトロイア戦争におけるギリシア側総大将アガメムノーン一族についての悲劇作品三部作。この呼称は作中に登場するアガメムノーンの息子オレステースに因む。

古代のギリシア悲劇は競作形式で、1日のうちに同じ入賞者による悲劇三本と悲喜劇一本が上演されたが、当初はその悲劇三本は連作の三部作形式をとっていた。その三部作が唯一完全な形で残されたのがこのオレステイアと呼ばれる三つの戯曲であり、『アガメムノーン』『供養する女たち』『慈しみの女神たち』の三つの悲劇から構成される。紀元前458年に上演された。

なお少々解釈の違うところはあるが、このオレステイア三部作の前日譚として、トロイア戦争出陣前、王女イーピゲネイアが神の生贄にされるまでを描いたエウリピデースによる悲劇『アウリスのイーピゲネイア』、後日譚として、生きていたイーピゲネイアとオレステースの姉弟再会を描いた同じくエウリピデースの[1]『タウリケーのイーピゲネイア』がある。

内容[編集]

『アガメムノーン』[編集]

ミュケーナイのアガメムノーンの宮の屋上にてトロイア戦争の勝利ののろしを待っている物見の男のうんざりした独白の中[2]、のろしが上がるところから物語は始まる。コーラス隊が物語のここまでの経緯を説明した歌を歌ったのち、イーリオス(トロイア)を陥落させたギリシア軍総大将アガメムノーンが、10年ぶりにミュケーナイに凱旋帰国する。アガメムノーンの妃クリュタイムネーストラーヘレネーの姉)が出迎え、二人は宮内に入るが、捕虜として連れられてきたトロイアの王女カッサンドラーは訳の分からない言葉を発しながら、アガメムノーン家に大きな不幸が起こると予言し、宮内に入るのを恐れる。ついにカッサンドラーが宮内に飛び込むと、アガメムノーンの悲鳴が宮内より聞こえてくる。宮門が開かれると、刃物を持ったクリュタイムネーストラーの足元にアガメムノーンとカッサンドラーが血まみれで倒れている光景が広がる。トロイア戦争へ出征する際、アガメムノーンは娘イーピゲネイアを女神への生贄として捧げた。これを怨んだクリュタイムネーストラーは、同じくアガメムノーンに恨みを抱いているアイギストスと深い仲になり、共謀して夫、そして捕虜たるその愛人を殺害したのだった。トロイア戦争におけるギリシア側の勝利という大義のためなら、娘の命を奪うこともやむをえないという父アガメムノーンにとっての正義は、愛する娘の命を戦争ごときのために奪ってはならないとする母クリュタイムネーストラーにとっての正義によって倒された。コーラス隊は妃を非難するが、クリュタイムネーストラーは娘を殺した犯人に対する復讐は正義に基づくものであると勝利の宣言をする。

『供養する女たち』[編集]

アガメムノーンの墓前に、アガメムノーンの息子オレステースが、親友で従兄弟のピュラデスを伴い、成人した証に切った髪の房を捧げるところから始まる。そこにオレステースの姉エーレクトラー(イーピゲネイアの妹)がコーラス隊を伴って登場。オレステースたちが隠れているあいだに、コーラス隊がアガメムノーンの悲劇を嘆く歌を歌ったあと、エーレクトラーが母に使用人同様に冷遇されていること、母への復讐、そして弟のオレステースの帰国を願っていることを語る。エーレクトラーが墓前に捧げられている髪の房に気づくと、オレステースが姿を現し、素性を明かす。オレステースは10年前の幼少時、父が殺害されたあとミュケーナイから追い出されていたので、エーレクトラーはすぐに信じないが、やがて髪の質と服とで弟であることを確信する[3]。オレステースはアポローン神に導かれ父の仇をとるために帰って来たと告げ、姉弟は、父の墓前で、母クリュタイムネーストラーと情夫のアイギストスの殺害を誓う。

旅人に扮したオレステースは母の館に向かい、オレステースは既に死んだこと、オレステースの骨壺を持ってきたことを伝える[4]。母クリュタイムネーストラーは嘆き悲しみ(これが演技か本心かは観客の判断にゆだねられる)、オレステースを館に招き入れる。オレステースはまずアイギストスを殺害し、ついに母クリュタイムネーストラーを殺そうと近づく。旅人の正体がオレステースと知ったクリュタイムネーストラーは、息子に向かって必死の命乞いを行う。クリュタイムネーストラーは、かつて息子に対して注いだ愛を訴える。しかし、オレステースは、情夫に愛を注ぎ夫を殺害した母クリュタイムネーストラーを責める。それも運命であったと弁明する母に対し、それならここで殺されるのも運命として、オレステースはついに母を殺害する。

オレステースはアポローンの命じた通り父の敵討ちという正義を果たしたことを訴えるが、そのとき突然、恐ろしい怪物たち(復讐の女神たち(エリーニュース))が自分を襲ってくると言い出す。狂乱状態となったオレステースは復讐の女神たちから逃げようとするかのように、そのままミュケーナイを去る。

『慈しみの女神たち』[編集]

デルポイの神殿の巫女がその神殿前で、放浪の末にアポローンにすがってここにオレステースが来ていることへの恐怖を独白するところから話が始まる。巫女の独白が終わると、神殿の扉が開き、オレステースが復讐の女神たちに囲まれて一緒に眠っている光景が現れる。[5]アテーナイ(アテネ)に行って女神アテーナーの裁判を受けよというアポローンの指示により、ヘルメースがオレステースをその場から連れ出すが、オレステースがいなくなると、クリュタイムネーストラーの霊が現れ、復讐の女神たちを起こしてオレステースを追わせようとする。アポローンは復讐の女神たちをなだめるが彼女たちはまったく聞き入れず、オレステースを再度追いかけ出す。

復讐の女神たち(コーラス隊)はアテーナイのアクロポリスにある女神アテーナーの神殿でオレステースを捕まえてとり囲むと、復讐の歌を歌いながら踊り狂う。

が、やがてアテーナーが現れ、オレステースを弁護するアポローンと、オレステースを母親殺しとして告発する復讐女神(エリーニュース)の間での裁判が始まる。陪審員の判決は、[6]有罪・無罪が半々にわかれるが、裁判長のアテーナーがオレステースを支持したため、7対6でオレステースは無罪放免となる。若い神々がより古い神々である自分たちをないがしろにしたと復讐の女神たち(エリーニュース)は激高するが、なだめられてアテーナイの慈しみの女神たち(エウメニデス)となるよう説得されると、この申し出を受け入れる。こうして、憎しみと復讐の連鎖はついに断ち切られ、アテーナーが守護するアテーナイの民主政治により、ギリシア世界に調和と安定がもたらされる。

この戯曲に基づく作品・翻案[編集]

音楽・作曲[編集]

セルゲイ・タネーエフ
同名の歌劇
ユーリ・アレクサンドロヴィチ・ファリク
同名のバレエ音楽。
ダリウス・ミヨー
劇付随音楽『アガメムノン』。
エルンスト・クルシェネク
歌劇『オレストの生涯』。
ヤニス・クセナキス
同名の合唱曲
フラーヴィオ・テスティ
歌劇『オレステの怒り』。
ハリソン・バートウィッスル
声楽曲『プロローグ』(『アガメムノーン』による)。
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
オペラ・セリアイドメネオ』(エーレクトラーを主要人物とする)。
リヒャルト・シュトラウス
オペラエレクトラ』。

舞踏・バレエ[編集]

マーサ・グレアム
舞踏劇『クライタムニーストラ』。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このオレステイア三部作もそうだが、ギリシア悲劇は必ずしも悲劇的な結末ばかりではない。
  2. ^ この物見の男は舞台背後のスケネと呼ばれる楽屋兼舞台背景となる建築物の上に上がって演技をする。意表をついたオープニングである。
  3. ^ この部分はのちエウリピデースが説得力に欠けると批判している。
  4. ^ この役割はピュラデスという説もある。
  5. ^ この最終作のコーラス隊は、復讐の女神たちそのものである。
  6. ^ 当時のアテーネーでは直接民主制が行われており、アテーナイ市民12名が陪審員として判決を左右した。