シラクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シラクサ
Siracusa
シラクサの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
シチリア州旗 シチリア
Blank.png シラクーザ
CAP(郵便番号) 96100
市外局番 0931
ISTATコード 089017
識別コード I754
分離集落 Belvedere, Cassibile Fontane Bianche, Isola, Santa Teresa Longarini Scalo, Targia
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 118,442 [1](2012-01-01)
人口密度 580.4 人/km2
文化
住民の呼称 siracusani aretusei
守護聖人 聖ルチア
祝祭日 12月13日
地理
座標 北緯37度5分0秒 東経15度17分0秒 / 北緯37.08333度 東経15.28333度 / 37.08333; 15.28333座標: 北緯37度5分0秒 東経15度17分0秒 / 北緯37.08333度 東経15.28333度 / 37.08333; 15.28333
標高 17 (0 - 482) [2] m
面積 204.08 [3] km2
シラクサの位置
シラクサの位置
シラクーザ県におけるコムーネの領域
シラクーザ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

シラクサイタリア語: Siracusa ( 聞く))は、イタリア共和国シチリア島南東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約12万人の基礎自治体コムーネ)。シラクサ県の県都である。標準イタリア語の発音に近い表記は「シラクーザ」。

古代ギリシャの植民都市シュラクサイに起源を持つ都市で、歴史的な遺跡など、多くの観光スポットがある。2005年には市内および周辺の歴史的建造物や遺跡が「シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡」の名で世界遺産に登録もされている。

名称[編集]

Siracusa[siraˈkuza] [4]と発音される。日本語文献では慣用的に[5]シラクサ[6]と表記されるが、発音に近いカナ転記の「シラクーザ[6][7][8]も用いられる。このほか、「シラクザ」[5]、「シラクーサ」[9]などとも表記される。

標準イタリア語以外では以下の名称を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

シチリア島の南東部、シラクーザ県の東部に位置するコムーネで、東にイオニア海に面する。シラクサの市街は、カターニアから南南東へ約51km、ラグーザから東北東へ約53km、メッシーナから南南西約127km、州都パレルモから南東へ約206kmの距離にある。沖合の小島オルティジア島(Ortigia)もシラクサ市の一部である。

シラクサの近くには、カターニアノートモーディカラグーザといった都市がある。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

古代[編集]

紀元前734年頃、ギリシアコリントスの植民者たちがこの場所を発見し、低湿地帯を意味するシラコ(Sirako)と名づけたのが起源である。土地が肥沃であり、また原住民たちは彼らに好意的であった。都市は発展し、地中海においてギリシア植民市のうちで最も繁栄する都市国家となった。古典ギリシア語での名称はシュラクサイという。

紀元前5世紀後半、ペロポネソス戦争でシチリアでも勢力を拡大しようとするアテナイに対してスパルタと結んで戦った。シュラクサイはアテナイの敵であるスパルタに援軍を送り、アテナイの船を破壊したり、島を包囲して餓死させるなどして、スパルタの勝利に貢献した。

紀元前4世紀初頭、僭主ディオニュシオス1世カルタゴに対して戦争を仕掛け、シチリア島全域を支配することに成功した。彼の死後支配権を継承した子のディオニュシオス2世は親戚(1世の義弟)のディオンによって廃位された。プラトンの弟子でもあり、哲人政治の理想を追い求めていたディオンは暗殺され、数名の僭主の後にディオニュシオス2世が復位した。その後、コリントスよりティモレオンが派遣されてきて、彼はディオニュシオス2世をはじめシチリアから僭主を一掃し、さらにヒケタスと結んで攻め込んできたカルタゴ軍をクリミソス川の戦いで破り、撃退した。しかし、紀元前317年にアガトクレスが僭主となり、僭主制が復活した。

シラクサ出身の最も有名な人の一人が、自然哲学者のアルキメデスである。彼の発明品の中には、第二次ポエニ戦争におけるローマによるシラクサの包囲に対抗するための軍事兵器もあった。アルキメデス考案の兵器はローマ軍を大いに苦しめ、シラクサは3年間持ちこたえたが、紀元前212年に陥落した。落城の際、攻城戦を指揮したローマの将軍マルクス・クラウディウス・マルケッルスはアルキメデスを殺さぬよう厳命していたが、アルキメデスは彼と気付かれずにローマ兵によって殺された。

ローマ支配から中世にかけて[編集]

年月をかけゆっくりと衰退しながらも、シラクサはシチリアにおけるローマ政権の首都の地位にあり、プラエトルの配置がされていた。また、市は帝国の東西の間にある通商の重要港のままだった。市のキリスト教化は、タルススのパウルスと、シラクサ初代司教であった聖マルツィアーノによって広がった。マルツィアーノは、シラクサを西方における改宗の一代中心地としたのである。この迫害の時代に、どっしりとしたカタコンベが掘られた。

ヴァンダル族支配の後、シラクサとシチリア本島は東ローマ帝国ベリサリウスによってローマ人の元に取り戻された(535年12月31日)。663年から668年、シラクサはコンスタンス2世の宮廷が置かれ、全シチリア教会の首都大司教座がおかれた。

878年に起きた別の包囲戦は、市への情け容赦ない略奪で終わった。そして2世紀にも渡るイスラム支配が始まったのである。シラクサは島の首都の地位をパレルモに奪われた。大聖堂はモスクに変えられ、オルティジア島の建物は次第にイスラム様式に沿って再建された。どのようであれ、市は、重要な通商関係を保ち、文化と芸術が同時期に華開いた。12世紀のシチリア人詩人で最重要の人物であるイブン・ハムディスは、シラクサに暮らしていた。

1028年、東ローマの将軍ゲオルギオス・マニアケス(en:George Maniaces)がシラクサを再征服し、聖ルチアの聖遺物をコンスタンティノープルへ送った。オルティジア島の最南端にある城は、1239年にホーエンシュタウフェン家のフェデリーコ2世の命で建設されたが、マニアケスの名前が冠されている。その後、シラクサはホーエンシュタウフェン家の支配に入った。1085年、ノルマン人サラセン人最後の要塞の一つシラクサへ入った。ルッジェーロ1世とシラクサ伯ジョルダーノが夏季の長い包囲戦の末勝ったのである。新たな地区が建設され、他の教会と同様に大聖堂が復興した。

シラクーザ大聖堂

1194年、シュヴァーベン家神聖ローマ皇帝ハインリヒ6世がシラクサを占領した。1205年から1220年までの短期のジェノヴァ支配の後、シラクサは皇帝フリードリヒ2世が奪回した。彼はマニアーチェ城、司教宮殿、ベッロモ宮殿の建設を始めた。フリードリヒの死で社会的不安と封建制の無秩序の時代が始まった。アンジュー家アラゴン王家の争いで、シラクサはアラゴン側に立ち、1298年にアンジュー家を敗退させた。この褒美として、宗主国アラゴンから多大な特権を授けられた。地元の有力貴族の優越ぶりが、アベラ、キアラモンテナヴァモンタルトへの城の建設で見せつけられた。

近代と現代[編集]

シラクサは、1542年と1693年の二度、破滅的な地震に見舞われ、1729年にはペストが大流行した。17世紀の破壊は、ヴァル・ディ・ノート全体と同様に、シラクサの外観を永久に変えた。地震被害にあった都市は、典型的なシチリア・バロック様式に沿って再建され、この様式は南イタリア芸術の典型的な例とされている。1837年のコレラ大流行は、ブルボン家支配に対する反乱を引き起こした。処罰としてシラクサからノートへ県都が移されたが、社会不安が全体的に阻止されることなく、シラクサ人は1848年シチリア独立革命en:Sicilian revolution of independence of 1848)に立ち上がった。

1865年のイタリア統一運動後、シラクサは県都の地位を取り戻した。1870年、荒れるがままであった市壁と、オルティジア島と本土とをつないでいた橋が再建された。同じ年、鉄道網が建設された。

1943年、連合国側とナチス・ドイツの空爆で激しく市は破壊された。連合国側のシチリア侵攻の際のハスキー作戦は、島西部を攻撃するイギリス軍とともに1943年7月9日から10日の夜にかけ始められた。バーナード・モントゴメリー将軍率いるイギリス第8軍団は、ほとんど抵抗なしに侵入最初の日にシラクサを占領した。港はイギリス海軍の基地として使われた[10]。市の西部には、およそ1000人が埋葬された戦没者墓地がある。第二次世界大戦後、シラクサの北部地区は激しく、しばしば混沌とした、素早い工業化による過程で生じた拡大を経験した。

みどころ[編集]

古代の建築物[編集]

世界遺産 シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡
イタリア
シラクサの古代ギリシャ時代の劇場跡
シラクサの古代ギリシャ時代の劇場跡
英名 Syracuse and the Rocky Necropolis of Pantalica
仏名 Syracuse et la nécropole rocheuse de Pantalica
面積 63858.5 ha
(緩衝地域 5519.4 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3), (4), (6)
登録年 2005年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
  • アポロ神殿 - 東ローマ時代にキリスト教教会に、アラブ人支配時代にはモスクとなった。ノルマン時代には再びキリスト教教会になり、スペイン支配下で兵舎に転用される。近代の都市整備で一帯を埋めていた中世の建物が撤去され、再発見される。
  • アレテュサの泉(Fountain of Arethusa) - オルティジア島にある。伝説によれば、ニンフアレトゥサが河神アルペイオスに追われ、この泉に身を変えたとされる。
  • 古代ギリシャ時代の劇場 -この劇場の階級別座席(cavea)は、かつて古代ギリシアで建造されてものとしては最大規模である。8つの(階段)通路により9つのセクションに分かれ、67列(段)で1万5千の座席があった。建造物(今も使用されるが)は、ローマ時代に円形闘技場のような見世物興業に合うよう変更された。劇場の近くには古代に石牢として使用された採石場があり、最も有名なのはオレッキオ・ディ・ディオニジオ(en:Ear of Dionysius)だ。
  • アンフィテアトルム - ローマ円形闘技場。この種の闘技場としてはシチリア最大で、B.C.1世紀頃、半分は岩をくりぬき、残りは切石を積んでつくられた。
  • ローマ時代の墓、通称『アルキメデスの墓』 - 2本のドーリア式円柱で装飾されている
  • オリンピアのゼウス神殿 - シラクサ郊外3kmにあり、紀元前6世紀頃の建築

教会[編集]

  • シラクーザ大聖堂 - 古代のドリス式アテナ神殿が、7世紀にゾシモ司教によって転用された。現在でもドリス式円柱などの神殿構造を見ることができる。本堂一つと2つの側廊からなる。本堂の屋根、アプス内のモザイク画はノルマン時代からのもの。ファサードは18世紀に再建された。16世紀のピエトロ・リッツォによる聖ルチアの銀製像、ルイージ・ヴァンヴィテッリ作の天蓋、アントネロ・ガジーニによる『雪の聖母』像が有名。
  • サンタ・ルチア聖堂 - 東ローマ時代の建築。伝説によれば、聖ルチアが303年に殉教した場所に建てられたという。現在の姿は、15世紀から16世紀にかけ建てられたもの。古い部分は入り口とアプスに未だ保存されている。教会地下には『聖ルチアのカタコンブ』がある。
  • サン・パオロ教会(18世紀)
  • サン・クリストフォロ教会(14世紀建設、18世紀再建)
  • サンタ・ルチア・アッラ・バディーア教会 - 1693年の地震後、バロック様式の大建築物として建てられた
  • サンタ・マリア・デイ・ミラコリ教会(13世紀)
  • スピリト・サント教会(18世紀)
  • イエズス会派教会
  • サン・ベネデット教会(16世紀、1693年以降再建) - マリオ・ミンニティによる『聖ベネディクトゥスの死』を所蔵する
  • コンチェジオーネ教会(14世紀、18世紀再建) - ベネディクト会派修道院を併設
  • サン・フランチェスコ・アッリンマコラータ教会
  • サン・ジョヴァンニ聖堂 - ノルマン人によって建設され、1693年の地震で破壊された。主祭壇はビザンツ様式。サン・ジョヴァンニのカタコンブを含む。

その他[編集]

  • マニアーチェ城(en:Castello Maniace) - 1232年から1240年にかけ建設。フリードリヒ2世皇帝時代の軍事建築。
  • 考古学博物館 - 青銅器時代から紀元前5世紀までの発掘品を所蔵
  • パラッツォ・ランツァ・ブッケリ(16世紀)
  • パラッツォ・メルグレーゼ=モンタルト(14世紀)
  • 大司教宮殿(17世紀) - 18世紀後期にできたアラゴン図書館を含む
  • パラッツォ・ヴェルメクシオ - 現在の市庁舎。
  • パラッツォ・フランチカ・ナヴァ
  • パラッツォ・ベネヴェンターノ・デル・ボスコ - 原型は中世に建てられた。
  • パラッツォ・ミリアッチョ(15世紀)
  • エウリュアロスの要塞 - 市の西側に広がる「エピポライの台地」西端に、僭主ディオニシウスが建てた古代の要塞。エウリアロ(Eurialo)、エピポリ(Épipoli)とも。


世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

姉妹都市[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

ローマ時代のアンフィテアトルム 
マニアーチェ城 
パラッツォ・ベネヴェンターノ・デル・ボスコ 
アルキメデ広場 
オルティジア島 
聖ルチア祭の夜 
サンタ・ルチア・アッラ・バディーア教会 

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年4月13日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Siracusa (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年4月13日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Siracusa (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ DiPI Online - Dizionario di Pronuncia Italiana”. 2013年4月13日閲覧。
  5. ^ a b シラクザ”. 世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2013年4月13日閲覧。
  6. ^ a b シラクサ”. デジタル大辞泉. コトバンク. 2013年4月13日閲覧。
  7. ^ 『なるほど知図帳 世界 2013』 昭文社2013年、58頁。
  8. ^ google map”. 2013年4月13日閲覧。
  9. ^ 『現代地図帳 2006-2007』 二宮書店2006年、60頁。
  10. ^ Operation Husky, Sicily 1943”. olive-drab.com (2008年4月12日). 2008年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg イタリアの世界遺産
World Heritage Sites in Italian Republic

文化遺産
ヴァルカモニカの岩絵群 | ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(バチカン市国と共有) | レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院 | フィレンツェ歴史地区 | ヴェネツィアとその潟 | ピサのドゥオモ広場 | サン・ジミニャーノ歴史地区 | マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園 | ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオのヴィッラ | シエーナ歴史地区 | ナポリ歴史地区 | クレスピ・ダッダ | フェラーラ:ルネサンス期の市街ポー川デルタ地帯 | デル・モンテ城 | アルベロベッロのトルッリ | ラヴェンナの初期キリスト教建築物群 | ピエンツァ市街の歴史地区 | カゼルタ18世紀の王宮と公園ヴァンヴィテッリの水道橋サン・レウチョの邸宅群 | サヴォイア王家の王宮群 | パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ) | ポルトヴェーネレチンクエ・テッレと小島群(パルマリア島ティーノ島ティネット島) | モデナの大聖堂トッレ・チヴィカグランデ広場 | ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域 | アマルフィ海岸 | アグリジェントの考古的地域 | ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ | スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ | アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ | ウルビーノ歴史地区 | パエストゥムヴェーリアの考古遺跡群やパドゥーラのカルトゥジオ修道院を含むチレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園 | ヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリ) | ヴェローナ市街 | アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群 | ティヴォリのエステ家別荘 | ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々 | ピエモンテ州とロンバルディア州のサクリ・モンティ | ヴァル・ドルチャ | チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群 | シラクサパンターリカの岩壁墓地遺跡 | ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度 | レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(スイスと共有)| マントヴァとサッビオネータ | イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年) | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有)
自然遺産
エオリア諸島 | ドロミーティ| サン・ジョルジョ山(スイスと共有)| エトナ山
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | イタリアの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、イタリアの世界遺産に関連するカテゴリーがあります。