エウリュアロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイネイアースの部下のエウリュアロスとニーソス。ルーブル美術館所蔵

エウリュアロス古希: Εὐρυάλος, Euryalos, ラテン語: Euryalus)は、ギリシア神話の人物である。主に5人のエウリュアロスが登場する。

メラースの息子[編集]

一人はメーラスの子で、カリュドーンオイネウスに対して陰謀を巡らしたために、兄弟とともにオイネウスの息子テューデウスに殺された。

メーキステウスの息子[編集]

もう一人は、メーキステウスの息子でアルゴナウタイ及びエピゴノイの一人である。 エウリュアロスはテーバイ攻めの七将が敗れた10年後、エピゴノイとしてアルゴス勢を率いてテーバイを攻略した。エピゴノイには、エウリュアロスの代わりにヒッポメドーンの子ポリュドーロスを入れる説もある。

エウリュアロスはイアーソーン率いるアルゴナウタイにも加わり、後のトロイア戦争では、同じエピゴノイであるステネロスとともにディオメーデースに従ってアルゴス勢として参戦した。

 
 
 
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーキステウス
 
プローナクス
 
 
 
 
 
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
パルテノパイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュアロス
 
アムピテアー
 
アドラーストス
 
 
 
アルクマイオーン
 
 
 
プロマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギアレウス
 
 
 
 
 
 
ディーピュレー
 
テューデウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギアレイア
 
 
 
ディオメーデース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


その他のエウリュアロス[編集]

参考図書[編集]