ケブリオネース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケブリオネース古希: Κεβριόνης, Kebrionēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してケブリオネスとも表記される。トロイアの王プリアモスの50人の子の1人である[1]トロイア戦争ではヘクトール御者を務めた。

イーリアス』の2日目、ヘクトールの御者アルケプトレモステウクロスに射倒されたとき、ヘクトールに命じられて戦車の御者を務めた[2]。トロイア軍がギリシア軍の防壁を攻撃したときには、ポリュダマースとともにヘクトールのもとで第1部隊を率い[3]、ギリシア陣内に侵入したさいには最も激戦だった場所で戦った[4]。しかしパトロクロスアキレウスの鎧をまとって戦ったさい、パトロクロスがヘクトールにめがけて投じた石がケブリオネースの頭に当たり、ケブリオネースを倒した。ヘクトールはケブリオネースの遺体をめぐってパトロクロスと激しく戦い、エウポルボスがパトロクロスに深手を負わせたときに討ち取った[5]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  2. ^ 『イーリアス』8巻。
  3. ^ 『イーリアス』12巻。
  4. ^ 『イーリアス』13巻。
  5. ^ 『イーリアス』16巻。

参考文献[編集]