ヒュペルムネーストラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュペルムネーストラー古希: Ὑπερμνήστρα, Hypermnēstrā)、あるいはヒュペルメーストラー古希: Ὑπερμήστρα, Hypermēstrā)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してヒュペルムネストラヒュペルメストラとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

ダナオスの娘[編集]

このヒュペルムネーストラーは、アルゴスの王ダナオスの50人の娘たち(ダナイデス)の1人で、長女である。アイギュプトスの子リュンケウスとの間にアバースを生んだ[1]

エジプトベーロスの双子の兄弟ダナオスとアイギュプトスは王権をめぐって争い、ダナオスはアイギュプトスの50人の息子たちを恐れてアルゴスに逃げ、その地で王となった。しかしアイギュプトスの息子たちはアルゴスにやって来て、和解を求め、ダナオスの50人の娘たちと結婚することを提案した。しかしダナオスはそれを信じなかったので同意はしたが、娘たちの結婚相手が決まると彼女たちに短剣を渡し、夫を殺すことを命じた。このため他の娘たちは初夜の晩に眠っている夫を殺してしまったが、ヒュペルムネーストラーだけは夫のリュンケウスが自分の処女を守ってくれたので[2]、自分の判断で[3]、リュンケウスを助けた。このためヒュペルムネーストラーは投獄された[2]

オウィディウスによればヒュペルムネーストラーは眠るリュンケウスを何度も短剣で殺そうとしたが出来なかったので、夜が明ける前にリュンケウスを起こして逃がした。しかし翌朝ダナオスが死体を数えるさいにそのことが明らかとなり、市中を引き回されたすえに投獄された[4]

その後ヒュペルムネーストラーはさらにダナオスによって訴えられたが裁判に勝利した[5]。そこでダナオスもようやく2人の結婚を認めたという[2]

パウサニアスによると毎年アルゴスで行われた烽火祭はヒュペルムネーストラーとリュンケウスの物語に由来する。ヒュペルムネーストラーはリュンケウスを逃がしたとき互いの安全を烽火で知らせ合うことを約束した。そこでリュンケウスはリュルケイアまで逃げたときに烽火を上げ、またヒュペルムネーストラーも安全になるとアルゴスのアクロポリスのラーリサから烽火を上げて知らせ、これにちなんで烽火祭が始まったという[6]


リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュンケウス
 
ヒュペルムネーストラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
 
 
イオバテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクリシオス
 
プロイトス
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
リューシッペー
 
 
 
 
 
メガペンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アナクシビアー
 
ペリアース
 
アナクサゴラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカストス
 
 
 
 
 
 



テスティオスの娘[編集]

このヒュペルムネーストラーは、テスティオスとエウリュテミスの娘で、アルタイアーレーダーイーピクロス、エウヒッポス、プレークシッポス、エウリュピュロスと兄弟[7]オイクレースとの間にアムピアラーオスを生んだ[8]。しかしアムピアラーオスはアポローンの子ともいう[9]

一説にヒュペルムネーストラーはテスピオスの娘で、オイクレースとの間にイーピアネイラ、ポリュボイア、アムピアラーオスを生んだという[10]。これは父テスティオスの名前がテスピオスと混同されたためとされる[11]

 
 
デウカリオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
レーダー
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
メレアグロス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
エリピューレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
 
 
 
 
 
 
ヒュロス
 
 
ヘレネー
 
 
アルクマイオーン
 
アムピロコス
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・5、2・1。ヒュギーヌス、168、170、273。パウサニアス、10巻35・1。
  2. ^ a b c アポロドーロス、2巻1・5。
  3. ^ ピンダロス『ネメア祝勝歌』第10歌6。
  4. ^ オウィディウス『名婦の書簡』14。
  5. ^ パウサニアス、2巻21・1。
  6. ^ パウサニアス、2巻25・4。
  7. ^ アポロドーロス、1巻7・10。
  8. ^ ヒュギーヌス、70、73、250。
  9. ^ ヒュギーヌス、70。
  10. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・5。
  11. ^ 高津『辞典』、p.209a

参考文献[編集]

関連項目[編集]